森 正洋(もり まさひろ)

2004年頃のお話です、機会があり森先生の生前に何度かご自宅に伺いお話をお聞きしました。生涯で110点のグッドデザイン賞を受賞されている方など存在しません。デザインに対してはかなり辛口でした、でもただ辛口でなくちゃんと愛をもった辛口でした、とてもお話が面白く、いつも時間を忘れて長く居座ってしまっていました。何度目か訪問したその当時は無印良品さんの仕事がちょうど始まろうとしていた頃で、面白く楽しい仕事が始まるんだよ、とおっしゃっていました、アトリエにはたくさんの試作品がありました。日本にとって森 正洋と無印良品の仕事ほどスタンダードデザインという仕事での素晴らしい組み合わせは他にありません。
自分にとって尊い想い出です、そんな先生とのご縁もあって、たかが7坪ほどのスタートしたばかりのこの小さなお店で今回の「平形めし茶碗」の催事が出来ましたことをとても感謝いたしております。

img362

img363

img364

PHOTO:プチグラパブリッシング刊、CERAMIC STANDARD より引用

Design Research Unit 1942-72

学びは歴史の中にしかない、というのが私の持論です。
「Design Research Unit」 イギリスのミッドセンチュリーの時代に存在した、デザインから都市計画までをデザインを元に社会的存在意義を提起し続けた集団。このユニットのワークにとても影響を受けています。
今も英国国鉄やロンドン地下鉄が美しいのはこの人たちの功績によるものが大きい。デザインやサイン、ランドスケープや構造のあり方など、社会性、公共性を俯瞰の目でデザインしていると言えます。
この2枚目の写真の言い切った言葉など特に好きです。
そういう意味で、帝都高速度交通営団時代の東京メトロも素晴らしい仕事をたくさんしています、東京都がそのほとんどの持ち主であるという公共性から考えると、全国にある都市交通のあり方として傑出していました。銀座線や千代田線の美しさ、駅やホーム、電車ですね、今もとても素晴らしいと思います。歴史の中に存在する学びはそんなところにたくさん隠れています。地下鉄だったので銀座線が空襲を免れたというのは大きいですね。
img352

img353

img354

img355

img357

img358

img359

img360

img361