標準と言える基準を全うする品質と価格、産地を守る継続性、そして国産の手造り。

波佐見の良心、白山陶器
白磁には白磁にしか出せない表情があります。
キリッとした真面目さであります、有田と対照的な波佐見のクリエイティブ
銘品として、家庭の中に入ってきます。
強く、白く、美しい、白山陶器

石川町のMWL STORE 急須が集まりました。
先進国で唯一お茶を生産する国、日本。

甚秋陶苑

甚秋陶苑
常滑を代表する急須作陶作家と言える伊藤成二さんの作品。
伝統工芸士
テーブルウェアフエスティバルでの大賞など受賞暦は多数
伝統を踏まえたモダンな表情が大きな魅力ですね。
奇をてらうことのない、美しい佇まいとはこのことだと私は思う。
「美味しいお茶をいただく一瞬」を高めるには、まず、良い急須を選ぶこと。日本人のいろんなものが凝縮された、お茶、の世界、日常飲むお茶にこそスタイルや佇まいが必要で、次に行く力や気持ちを与えてくれる。
たった一杯のお茶を呑むコトに、スタイルを、それが日本人。
煎茶のスタイルにこだわる理由はそこにあります。
火曜日から店頭に並びます。