グラス・ドキュメンタリー

ミッドセンチュリーの時代にアカデミー賞のオスカーをとったドキュメンタリー、そのガラス造りの技術もさることながら、私が食いついたのはそのファッションとヘアスタイル、音楽、カメラアングルです。スーツ着てガラス吹いています、この時代の優れた映像監督達の作品ではあるものの10分という尺の中で完成させた映像美があります。
映画もファッションも戦後以降で、この時代が一番お洒落だったように思う、多分、戦時中の抑圧からの解放が意味するところは大きいと思われます。
なんともまあすごいものでありますね。

柳ショップ

3週間ほど前に柳ショップに行ってまいりました。四ツ谷駅から歩いて5分ぐらいでしょうか、古く、小さい、その当時のままの小ささが好きで、でもそこにあるのは柳先生の作品ばかりで、今買えるものと買えないもの、常に入荷待ちのものとか色々あって、面白い。柳宗理先生は偉大な父を持って生を受けた方でありながら、その父の功績をそのままに受け継ぐこともなく、かと言って父のやっていたことからの逸脱でも、叛逆でもなく、いつの間にか父の思想を現代のものとして繋いだ、ただ一人の人だと言えます。あまりに偉大すぎる父を持つ難しさから、いろんな葛藤があったのでしょうが、父の精神を新しい時代に当時のニュージェネレーションとして表現し、世の役に立つ、暮らしの役に立つ、まだモノがあまりなかった日本に、適価で優れたデザインでアート性を持つ、製品(作品でなく)を展開されました。その製品の全てには、「静寂」「モダニズム」という二つの言葉が佇んでいます。
時々、この私にとってはモダニズム東京の聖地に、足を運び佇みたくなり、自分が今やっていることを思い起こし、心の柳宗理先生と会話するのです。たいやきのわかばに近いってのもありますが。。。
小さな店である必然性、選ぶものに思想を持つ、原点ですかね、「息子の柳宗理」の視点が。しかしまだまだ、、、程遠い。


おかえり、ツバメ。

2〜3日前に中区でツバメを見つけました、多分第一陣の早い子でしょう。
その動きの速さで間違うことはありません。
古来より、家角に巣作りをして吉兆の兆しとして大事にされてまいりました。
さあ、いよいよ新芽の季節に向かってまいります。

石川町のMWL STOREです。

アンシャンテ・ユーミン

この本は雑誌・フィガロで連載された「アンシャンテ ユーミン」を中心に再編集されたものです。
フランスをテーマにした対談が多いのですが、とにかく面白くて、やはりユーミンはすごいなって。コート・ダジュールのマティス美術館に行った話があるのですが、やはり行くかー、と、私たちも昔マティス美術館に行きました、南仏というかモンテカルロから始まり、それこそセントジェームスのボーダー・バスクシャツのモン・サンミッシェルを経由してパリに入るというバスでフランス縦断ツアーをしたことがあり、フランスには特別な想いがあります。
下の写真は柚木(ゆずき)麻子さんの小説、上の本にお二人の対談があります、この小説「けむたい後輩」は横浜山手の女子大生がテーマになっていて「ドルフィン」でソーダ水を飲むくだりもあって、、、
ユーミンは14歳でデビューしてからずっと第一線で活躍し続けているけれど、若くして天才と言われた女の子のすべてがそうなれたわけではないだろう。そうだ、凡人になってしまった早熟の天才の女の子のを書こうと、柚木さんは思いついたそうです。つまり荒井由実(ドルフィン=海を見ていた午後)の時代になる、どう考えても、早熟の天才の歌詩だったと言える、その高まる感情は二度と人生に訪れない時代の多感さ、このあたりの曲のすべてが。。。とっちらかりましたが、とにかくこのアンシャンテ・ユーミンは面白くさっと読めます。
MWL STOREのあるリセンヌ(フランス語でリセエンヌ・リセ、女学生)小道(こみち)とはその女子大とその付属女子高のいくつかがある山手の丘から石川町の駅までを彼女たちが通り抜ける道として付いた名前、光栄ですねその通りに出させていただいていることが、これも本当にご縁です。

サザンフィールドインダストリーズのバッグ

国産上級帆布をパラフィン加工
国産牛のヌメ革を使用
コバを黒色塗装
金具には真鍮を使用
脇ポケット2箇所
内側ポケット1箇所
ボタン口留
日本で製造

MWL STOREではトートタイプの大小が2型、少し大きめのバックパックタイプ、ショルダータイプが1型、ブリーフケースタイプが1型の合計5型が今揃っています。
色は薄い黄色とオリーブ色のグリーンのそれぞれ2色、革の色はいずれもタンと言われる写真のようなナチュラルになります。価格は2万2千円〜3万7千円の間になります。薄い黄色は写真の色とは異なり、より春夏らしい爽やかな色目になっています。
バッグは店頭で触って持って、背負って、隅々までその高いクオリティをご確認下さい。
MWL STOREの製品には全てストーリーがあります。

 

PHOTO:SOUTHERN FiELD iNDUSTRIESより引用

はじまりはいつも此処からさくら咲く。

根岸森林公園の桜山
この桜山の美しさは稀有なものです。
あえて満開を少し過ぎた、しかも薄暮の時間の一瞬を捉えに行きました。
桜は日本人特有のもののあはれを凝縮しているようであります、寒さに耐えて耐えて咲き始めると、その美しさはひとときであり、散りゆく。そしてすぐに葉が出てくる、その若葉もまた美しく、好きな季節はこれからなのです。根岸森林公園の桜には種類があって、これから満開を迎えるものたちもたくさんあります。
日本各地に桜の名所はございますが、ひとかたまりの山と公園の芝生の相俟った美しさにおいて、ここはなかなかのものです。
立春から立夏までを春と言い、四季の美しさを大切にしてきた日本人。四季の中でも春は一番でございます。
連休明けが立夏ですから、すでに短い春を感じていたい。
「はじまりはいつも此処からさくら咲く」

「夜空ノムコウ」っていう名曲があります、いつもこの太陽が少し落ちた林のオレンヂにその曲がラップしてくるのですがね。。。

PHOTOS:MWL STORE
旧暦と生きる、石川町のMWL STOREです。

SOUTHERN FiELD iNDUSTRIES

サザンフィールドインダストリーズさまの17SS(春夏)のバッグの展開が本日より始まります。ご夫婦の手仕事ですので仕上がるまでに時間がとてもかかります。キーワードは情熱、丁寧、労力を惜しまず、真面目に作る、量よりも質を選ばれている貴重なメーカーさまになります。日本で作られているのに、出会いは海外でした、素敵なバッグを見つけ、これ素晴らしいと隅々を見ていましたら、なんと埼玉で作らていることがわかり驚きと感動。今までの仕事柄幾多の鞄製品を見て来た中でも、細部に魂を込めていることが初見でわかりました。革の最後の仕上げ、なんでもないベルトのパーツ部分とか「美しい」日本製の帆布生地をロウを塗ることによって、ちょっとした水や汚れをはじくパラフィン加工、革はもちろんベジタブルタンニングされたもの。日常にお気に入りのバッグをお使いいただく、しかも上質なものを。春夏の新しい取り組みの二つ目です。とにかく細部に惚れ惚れするバッグシリーズです。色はこの春夏に効く黄色、そしてベーシックなオリーブのようないい色があります。
小さなお店ですからいつものように数に限りあります、まずは手にとって隅々までご納得下さいませ。
ロゴの英語iはあえて小文字になります。

SF Shopper 420  色:キャンバス/ミレー・レザー/タン ¥26,460-(税込)

石川町のMWL STOREです。

木村硝子店

赤も白もビールもお使いいただきやすいグラスということで選ばせていただいています、なかなかそういうのが無いなぁと思っておりましたら、ありました。
大きさが丁度いいって言いますか、ビールなどもベルギーのCHIMAYビールなど香りが立つビールの多い産地のものに向いていると思っているのですが、店頭でご確認を。
スロバキアのマイスターによるハンドメイド商品です。¥4,860(税込)
高さ 170mm 口径 64mm 最大径 90mm 素材 カリクリスタル

PHOTO:木村硝子店より引用

イームズという現象

扱うモノ全てに魔法をかけたい、ただ選んでいるでなく、そこにある必然性というか、それとその空間にあるもの全てとの関連性というか調和と連鎖、ハーモニー、そういう気持ちで一つ一つは塾考して並んでいる、価格の大小や単なるデザイン性や流行性などでなく。