ピンクという流行色

平型めし茶碗展は9日(月)の体育の日まで開催中、100種類の中から選べるお茶碗展、この機会に是非お越し下さいませ。
たくさんの色柄の中から選ぶことができる機会を逃さずに。日本人のスタンダードはごはんをよそう毎日使うお茶碗です。

森正洋はピンクという色にこだわった、微妙なトーンの違いで何種類かを出している。今年春からファッション界で続く流行色がある、このピンク、まさにこのピンクなのであります、パステルとかベイビーピンクと呼ばれるかわいい色ではなく、すこしダスティーなと言うか、大人ピンクとでもいいましょうか、とてもいい色なのであります、日本人はピンクが好き、そう、それは桜から来ている、日本人はこういうピンクが好きなのだ。ピンクの微妙な色にこだわる日本人。
女性の流行色から始まったこのダスティーピンク、この秋には男性の流行色にも飛んできて、来年の春夏も男女で決定なのが18年春夏の各コレクションからも見えるのです。何年ぶりかの大きな流行色ピンク、時代の前向きさを表しているとも言えて、東京オリンピック、足元景気の拡大傾向の持続、人はポジティブになれるものを探している。
どうでしょう、気持ちが華やぐピンクで日常の食卓を飾ってみては、春のピンク色でもないのがお分かりいただけますよね。

PHOTO & TEXT : MWL STORE

14番目の月

つい先ほどまでしばらく待ってはいたのですがどうしても薄い雲がとれなくて。
明日の夜は横浜晴れそうなんで期待します、でも正確な満月は6日ですが。
クリックして拡大すると結構月の表面が見えますね。
明日は十五夜、満月ポン月見で一杯。

PHOTO: MWL STORE

つきのかをり

いつ飲む? この時期に飲むお茶 「つきのかをり」
奈良の月ケ瀬という産地、紀伊半島独特の気候や勾配、日照、朝霧、寒暖差、日本でも特別に美味しいお茶が採れる産地。
手をかけて、完全無農薬、そして和紅茶、美味しい、美味しくないは嗜好品、飲む人の感性や経験から来るところが多い。
しかしながら、やはり月ケ瀬のお茶はうまいのである。
月を追いかけてシャッターチャンスをうかがい、暗闇の中ファインダーを覗いてると、「つきのかをり」がした瞬間があった。

月ケ瀬、伊勢、出雲 
Tea and Tea Arts MWL STORE