ホテル


サンジェルマン裏の小さなホテル。初めて泊まったのは15年ほど前、女性オ-ナ-はその頃からずっとフロントにいます。顔なじみに、治安の悪化を受けてパリは控えていましたが、それを覚えておられました。一年半ぶりだっけ?と。

サヴォワ邸

今回の目的の一つ、パリから1時間ほどの閑静な住宅地にありますル・コルビュジエの作品であり、近年世界遺産認定を受けたサヴォワ邸に行きました。寒い冬には人もまばら、世界遺産好きな(自分も)日本人も少なめでした。フランスの郊外の暮らしってこうあるのですねって感じ、別々のお2人のとても親切なフランス人の方と出会って、感謝の旅になりました。フランスがまた好きになりました。うちの店に来られている、どういうわけかとりわけ多いフランスからのお客様に、更なる丁寧でココロからお応えせねばと深く思いました。文化大使ですから、ある意味で僕たちも。

長く夢みた場所でした、その存在を知ってからは。

私たちはフランス紅茶を扱い、こうして長く計画し、そして来たフランスとパリ。
新しいこれからの表現につながる旅、丁寧に表現して行くことを心新たに、まだ旅の途中ですが今思っています。