木村硝子店 x YUMIKO IIHOSHI PORCELAIN

なんとも素晴らしい作品の入荷です。
春らしい

dishes ディシィーズ
湯島の木村硝子店さんからイイホシ ユミコさんが木村硝子店の作品としてデザインしたシリーズ。
すでにあった木村硝子の硝子作品のシリーズのデザインからインスピレーションされたシリーズといわれます。
どうりで、すっきりと、佇まいが美しいはずでした。
もう一目で僕は魅了されてしまいました。
一年を通じて世界中でたくさんの陶磁器の作品を目にしますが、腹落ちする作品はほぼありません。

なぜか、もちろん先ずはデザインでしょう
そして、肌具合、釉薬の乗り、土の感じ(あくまでも感じ、この時点では)
そして色、どれだけ慎重に配色をしたか、色出ししたか、こだわったか(当然この時点では聞いていないのでわかるはずはないのですが、見りゃあわかります、たくさん見てますからモノを)全体のシリーズを見たときの配色、それぞれの色の共鳴が全体を通して、作品全体のイメージを高めているか

そして大きさ、大きすぎず、小さすぎず、必要なサイズをミリ単位で測って、且つライフスタイルに、スタイルに落とし込んだか、料理を作る、食べるがその背後に垣間見えているか
つまり、使い回しの良い、サイズ、イコール食器棚にも入れやすい、重ねて使える、強度があるか、洗い続けても美しいのか
さらに、それらを踏まえて、最終的に扱いの容易な軽さに仕上げているのか
写真だけを見ていると重そうに見える 重厚感がある しかし手に取ると軽くて取り回しのし易さがある
そして、色 あざとく日常性のない色を使ってはいない、ずっと飽きない色であり、何よりも、料理を配して一番に輝く色であること
そして大事なこと、手に届く価格であること(民藝でも度々いわれますように最も重要な要素の一つ)
最後に日本の職人の手が作っていること。日本の優れた産地の伝承された器作りが背景にあること
そして、世界に向かえること

これらが選ばせていただいて、初見で僕の目が輝いてしまった理由です

はっきり言ってこのネイビー、紺を見て泣きそうになりました、この素晴らしい紺はずっと探していた紺、日本の紺

このグリーン、グリーンという色が好き、音の響きとか

なんともまぁ陰影の美しさよ

ブラウンが素敵な色付けですこと!ニュアンスカラーの上位にきます。一番難しい色をあっさりとピンポイントで出しました、僅かにどっちに振ってもダメですよ、今はこの色です

これはねフランスの伝統色のグレーなんですよ、美しいグレーですね。あぁ、もう溜息が出てしまいました、これも欲しかった色のピンポイント

美は細部に宿る

木村硝子店
1910年創業の東京の最も東京らしいエリアで、洗練された硝子製品を生み出し続ける、ジャンルに捉われない最先端のデザインを具現化し続けて、共感と信頼を勝ち得ています。

イイホシ ユミコ yumiko iihoshi porcelain
京都嵯峨芸術大学陶芸科卒業後より「yumiko iihoshi porcelain」の名前で作品の発表を始め、2007年、台東区デザイナーズビレッジに入居。同年11月よりプロダクトシリーズを開始。2012年に大阪直営店を、2014年に東京ショールーム&ショップをオープンし、プロダクトシリーズやHand work作品を国内外で発表されています。

PHOTOS: MWL STORE