安土 草多

先日のNHK趣味どきっ!でも紹介されていました。飛騨高山でガラス工芸を創る、安土草多さんの作品群が入荷しています。
「ゆらぎ」飽きることのない価値観を感じます。そう、追加してバリエーションを広げていくことが楽しみになる作家さんですね。
なぜなら、その表情は変わらずに作品のバリエーションが増えて行くからでしょう。

横浜・石川町駅
MWL STORE

イラン (ペルシャ) の手吹きガラス。

イランの民藝。吹きガラスの歴史は紀元前から、今もその製法を受け継ぐのは中東の文化大国・イランです。そのルーツはペルシャ。
吹き・手作りならではの味わいの良さや、色具合が優れていますね、アンバーやブルーもなかなかな色合い。ハンドメイド。
形も大きさも日本の食卓やスタイルにちょうどいいのを選んでいます。
いろんな用途に使えて、表現のセンスを表せる製品になります。

夏の冷たいデキャンタに、フルーツティー、アイスティー、用途も色々、店頭にてご確認下さい、かわいい形しています。
初夏から夏の花器にももちろん。花屋さんに花の多い今の時期にいいですよね。

素麺などを浮かべるのにもちろん最適です、あるいは冷やしおでん、とか。フルーツサラダだと、パーティも華やぐ。
どんぶりよりも少し大きいぐらいのサイズ。

初夏へ
MWL STORE