世界の民藝をモダンに扱うこと。

南米ペルー、なんとチチカカ湖畔で作られる素焼きのボウル、情緒があります、パーティなどの時に乾きもの入れに。
雰囲気バリバリ、素焼きなんで乾き物の方が適している様に思います。全くナチュラルなモノですから。
でも可愛いい、モダンの中に忍び込ませるとね。

そして前にいる子はアフリカのケニアからソープストーンのオブジェ、石鹸石と言われるものが素材、削るとツルツルになるからそう言われて
いる様です。石鹸ではありませんよ。石です、見りゃわかりますけどね。なんかねハートがあるんですよ、好きだな。

イランのガラス、粗野な作りの中の情緒が、私を惹きつけるのですよ。ただ綺麗なものだけが美しいとは思わない。
美しさの多様性を認めることからお互いの理解は始まります。

Folk Art by Hand
MADEWITHLOVE

すこし愛して、なが〜く愛して。

大原さんモノたくさんありますが、これですよね、特に1本目の方。
階段駆け上がるシーンの何回もフラッシュバックさせるところ、どうしてその必要があったのだろう、、、
でもそれがいいんだよなぁ、脱ぎ飛ばし方の急ぎっぷりがね。
大原サントリーのベスト、僕的にはこれだな。
サントリーってどうしてこういういいモノを作れていたんだろう。
今と比べて尺が長いですよね、それがいい。