秋のTAMPICOのバッグが入荷しています。

タンピコのバッグ、フランス・ワイン産地で有名なボルドーのすぐ近くの村で作っています。秋冬の今年の特徴的なバッグの入荷です。サイズは大と小の2種類になります。
上の方は小さめでショルダーになる取り外し可能なベルトが付属しています。下の方はそれに比べて少し大きめです、手持ちと肩がけができる、取り回しの良いハンドルの長さの、とてもかわいいバッグ、遊び心が満載ですね。パンダっぽいふわふわのボアがついて外回りに6っつのポケットが重宝します。でもカジュアル過ぎず、ちゃんと綺麗目に持つことができて、いつもタンピコはそうです。タンピコを選ぶ理由ですよね、カジュアルの中にもフランスで作った上質感があります。

小さめでショルダーのベルトが付きます。これが持つてみると色んなコーディネートできるのです。バッグとお洋服は一体ですからね、お洒落する秋です。

少し大きめで、手持ちと肩がけができます。

MADE IN FRANCE
MADE BY HAND
MADE WITH LOVE
MWL STORE

世田谷美術館・濱田庄司展

河井寛次郎と濱田庄司という民藝運動の二大巨匠が別の場所で同時に開催されていると言う、さすが東京は凄いな。それも世田谷美術館っていうところに意味がある。選球眼がすごいですからここ。
見応え充分な内容です。(写真撮影オッケーな箇所のみの引用)

有名な実話、15秒でかけ終わるのに、どうして何十万もするのですか?というインタビューアーの問いに対して、「確かに15秒だがこれが生まれるまでに六十年の知見がかかっている。」というような返事をしたと言う。

写真はありませんが、やはり、馬の目の皿の展示がありました。寛次郎展にも庄司展にも馬の目がリスペクト展示として瀬戸焼の。これはすごいな本当にすごい。国宝辞退と国宝がそう言うのだから、、江戸時代から続く日本の独特な模様と位置付けて、日本のスリップウエアだと言うのです。