台北

今日と明日、一泊の台北出張。緑が多い静かな街というイメージが去年初めて来た時からの感じ。

誠品書店。随分以前にアジアNO.1の書店の称号を与えられている。アジアどころか世界でも見ない。もちろん代官山蔦屋書店ができる前からある、誠品書店が与えた影響は大きい。初めて見れば驚愕する、何度来ても目からウロコとはこのこと。維持継続して街になきゃならない書店のビジネススタイルのモデルを生み出した。
横浜になぜこのような規模のものがないのか、日本大通りにある古い歴史的建造物で出来ること多いと思うんだけどなぁ、あのまま朽ちていのかなぁもったいない。先人の作った素晴らしいものが活かせていない、それに比して台北の文化度は高いです。

藍色夏恋

この映画「藍色夏恋」が上映された当時にタイアップの仕事をしたことがありまして、試写会で事前に何回か見た時に爽快感が鮮烈な印象と共に、なんとも言えないもう自分が忘れていたような懐かしい記憶に辿りついた感じがしていました。だから台湾と言えばこの藍色夏恋なのです僕は。この頃からいいイメージしかないなぁ。台湾好きです。