台北:誠品生活南西店の中に出来た神農生活

誠品生活の南西店が新たに出来てその中に神農生活という台湾の食品やオーガニック食品を扱う。ディーンアンドデルーカとD&Dデパートメントの間にあるようにも思えますが。すでにその二つも凌駕しているようにも感じる。未来につながるであろうものが沢山見える。誠品書店がそうであったように、神農市場(生活)もまたオリジナリティーが高い。他の真似ではない、そういう意味で台北には独創性の高いものがどんどん生まれる風土がある、日本に学び、世界に学び、腹落ちさせてからそれらよりいいものを生み出す能力に長けているとでもいいましょうか。よくもまあこれだけ洒落たものを集められるなぁと感心してしまいました。誠品生活をみてしまうと他のこのてのものが全て霞んでしまいました。恐るべし、台北。カオスの中から生まれてくる審美眼。
すでに台北に学んで、真似て日本に持ってくるという時代が続いている。どんなお店においても若い人の英語力は日本とは比べようがない、ちゃんと喋れる。発音も綺麗だ、香港はもとからそうだったが、さらに台北にはそれに加えて日本語を話す若者たちも多い。2020東京オリンピックの日本、インバウンドで潤う日本、英語力を根本的にあげなきゃね、特に若い人の。

今回も学びの多い旅になりました。