Breakfast at Tiffany’s.

銀座四丁目の三越さんの今のウィンドウ、ティファニーです。箱で造ったLOVEがかわいい、いくつになっても、いつになっても、ティファニーです。年齢にあった作品がティファニーにはあるのです。若い時に買うティファニーはエントリーに過ぎない。LIKE NO OTHER TIFFANY
朝帰りした彼女のいつもは、コーヒーとパンでいつの日かの憧れのティファニーのウィンドウを見ながら彼女の朝ごはんを食べること。ティファニーで朝食をとはパンとコーヒー、そして豊かになるための決心を彼女が誓うウィンドウの前なのです。いつかはティファニーを、のね。