Posted on 4月 08, 2017

友来る

Posted in Liberal Arts

出雲の陶工の友人が今年も入選しました、と石川町まで訪ねてきていただきました。入選されたことも、律儀に訪ねてきていただけることも、とてもとても嬉しいですね。出雲の次世代を引っ張るリーダーです。


そしていつもお土産にもってきていただけるのがこれ!出雲のチョコレート、ナナイロ
もう、楽しみで、嬉しくて、美味しいを超えています。カカオにこだわりきった、やはり出雲の土壌というか土というか風土というか、そうなるのですね、ものづくりをすると、みんな若いのに素敵です。
いつか出雲と横浜で何かできればいいなと思い始めています。
とにかくぼくらはリスペクト出雲で始まりましたから、ご縁が結んだコトばかり。

http://www.chocolate-nanairo.com

LA CHOCOLATERIE NANAIRO

PHOTOS:MWL STORE

 

Posted on 4月 08, 2017

ワンカイヨの木彫り

Posted in お取り扱い商品

ペルーの首都リマからバスで7〜8時間、アンデス山中の3200メートルの高地にワンカイヨという街があります、そこに到達するまでに4800メートル級の峠を越えなければならない、ほとんど高山病が発症するような世界。
そのアンデス高地の民芸品。
日本グラフィックスの元祖・芹沢銈介・人間国宝が選び1972年に紹介しています。なんという審美眼なのでしょう、その地球の裏側の涯の高地から来たものです。

Posted on 4月 08, 2017

さくら さくら 二題

Posted in Liberal Arts

そうだ京都行こう

安吾の才能が炸裂する作品、物語のあまりの怖さに何度も読むのをやめたくなるのだが、桜の描写の美しさには天才として余りあるものがある。

Posted on 4月 06, 2017

心ばかり

Posted in お取り扱い商品

春のお使いに、京都から春らしい便りを日頃のお礼に。
”心ばかり”のものが三個入り。
徳力富吉郎の版画、徳力家は代々西本願寺絵所を預かる旧家、多くの国宝を描き残しています。富吉郎は12代。日本人が大事にする四季を版画で表現する独特のタッチ、京都ならではのものです。
フォークとアートをハンドメイド
アートと美味しいに、煎茶を添えていかがでしょうか。


三箱入り税込1,750円 本日在庫7個で桜は終了

カリッと香ばしい黒豆に香り高く深みのあるきな粉チョコレートを
コーティングいたしました。
内容量:45g
保存方法:高温多湿を避け、開封後はお早めにお召し上がりください。
※こちらの商品は、「大豆・小麦・乳」のアレルギー物質が含まれております。

黒糖味の
※こんぺいとうの芯に蕎麦の実を使った深みのある一味違った上品なお菓子です。
内容量:40g
保存方法:高温多湿を避け、開封後はお早めにお召し上がりください。
※こちらの商品は、「そば」のアレルギー物質が含まれております。

落花生を抹茶ミルクで包み、香り高い抹茶とミルクのベストマッチを
一度ご賞味ください。
内容量:40g
保存方法:高温多湿を避け、開封後はお早めにお召し上がりください。
※こちらの商品は、「落花生・小麦・乳」のアレルギー物質が含まれております。

石川町 MWL STORE です

Posted on 4月 05, 2017

アフタヌーン・ティータイム

Posted in Liberal Arts

日本橋三越新館地下にあるフォートナム アンド メイソン ティールームにアフターヌーン・ティーをいただきに行って来ました。
ロンドンのピカデリーとジャーミンストリートに挟まれたキャベンディッシュにあるフォートナム アンド メイソンは世界で一番好きなデパート。特に紅茶の豊かさはリバティやハロッズ、ハービーニコルズ、パリのリヴ・ゴーシュのボン・マルシェあるいはパークサウスのバーグドルフ・グッドマンを比較に出したとしても尚、僕にはロンドンのフォートナム&メイソンのティールームとそのメニューはなかなか魅力的で、ロンドンが一番好きな街としての所以でもあります。
お茶は大好きなカメリア・シネンシスの夏摘みダージリン・ブロークン オレンジ ペコー BOPってやつです、それをミルクといただく、これは僕にとっての定番、やはりロンドンはティーを飲まないと始まらない、1800年代に始まったという午後にお茶を楽しむ習慣としてのアフターヌーン・ティー、セットの内容は一番下がサンドイッチと野菜、真ん中が絶品のスコーン、そして一番上がこれまた優れたケーキという、これが2人前になります、下から順番にいただくのです。
お茶を扱うために紅茶の勉強です、お茶をどう美味しくいただくかということを先達にならい学び続けること。英国における茶も文化なのであります。もちろん日本においては茶は文化、というよりも芸術に近い嗜好品として進化を続けています。皆さまお茶でございます。

石川町のMWL STOREです。

 

Posted on 4月 01, 2017

新しい期を迎えて

Posted in お知らせ

いつもありがとうございます。
期が変わりました。私たちにとって2期目にあたります、昨年6月にそろそろと船出を行い9ヶ月が経ち1期目が終了しました。
お陰様で少しずつ前に向かえているように感じさせていただいております。
ひとえに日々ご来店下さいますお客様、優れた製品をご提供くださいますお取引先様、仲良くしていただいていますご近所の皆様のお陰でございます、ご縁に感謝申し上げます。
焦らず、慌てず、雨ニモマケズ、風ニモマケズ、笑顔の精神で、自分たちが思う、思い入れが多大な特別な製品群を少しずつご紹介続けていきたいと期初にあたり再確認させていただいております。
4月から秋にかけてはすでにいろんな計画や製品導入が目白押しです、着実に身につけ身の丈で行ってまいります。まずは4月中旬あたりから始まります、どうぞご期待下さいませ。

石川町 MWL STORE 店主敬白

Posted on 4月 01, 2017

リーチ・バー

Posted in Liberal Arts

大阪に出張してました三日ほど、大阪駅周辺ってのはすごいですねー
未来都市感が半端ないです、そしてまだまだ開発中で、JR貨物の梅田駅の跡地の広大な土地、何になるんでしょうか、グランフロントの商業施設や阪急やらもう色々とあって、駅前の広さの規模感とか歩道の幅の大きさとか空中庭園のビルがあったりと、ファサードデザイン、ランドスケープデザインってことでは現状全国で一番いいんじゃないかなって、、、大阪復権ってな感じがして、、、びっくりでした。まだこれからですね、そしてアジアからの観光の方の多いことにもびっくり、いつの間に?ってな感じ、大阪梅田はオーバーストアとよく言われているのですが、アジアの観光の方々の旺盛な意欲で、そうでもないかーと感じ始めました。
いやぁ大阪駅にびっくり、未来都市オオサカ。

初日に時間があり、ロイヤルホテル(リーガロイヤル)のリーチ・バーへ行こうということになり。
何度行ってもいいですね。ロイヤルホテルの創業者はアサヒビールの初代社長の山本為三郎。山本為三郎は文化芸術に関心を寄せ、当時の民藝運動のパトロンとなっています。そういう関係もありこのロイヤルホテルの一階に肝いりのバーナード・リーチ監修のリーチ・バーができたわけです、内装はもちろん英国調、しかし家具は日本の”秋田木工”がつくりました、秋田木工も今や大塚家具傘下、だから時代に残れたわけだと言えます、このウィンザーチェアは今も作っています、そういう意味だと大塚家具さんもえらいな、パトロンです優れた文化継承の。リーチ・バーには民藝レジェンドのアーカイブもたっぷりあります。行く価値があります。
たしかこのロイヤルホテルも建て替えの計画があるように、、、なんとしてもリーチ・バーはリノベして部材など再利用しながら残して欲しいものです、山本為三郎の意思が今も残っていますからね、ホテルとして、関西文化芸術の遺産として残して欲しいなと思うのですが、どうでしょうか。

山本為三郎の実家はガラス瓶をこしらえてました。そしてこの三ツ矢サイダー、帝国鉱泉に瓶を納品していました。そして帝国鉱泉の経営権を取得し、やがて朝日麦酒の経営権も、そしてロイヤルホテルを起業しています。日本の民族系高級ホテルの草分け、東のオークラ、西のロイヤルとして、残していってもらいたいものですね。

アサヒビールが三ツ矢サイダーを大事にし続けるのは自分たちのルーツつまり出自だったわけです、東京に出て大きな会社になったアサヒビール、今もそのルーツを忘れられてはいないわけです、いい話。

兵庫県川西市多田というところの鉱泉を使った鉱泉水で起業、三ツ矢の意味は以下の通り、なんで三ツ矢なんだろうとずっと思っていたのですねー、そしてアサヒビールになった。今も大事にされているところがいいですし、文化を大事する姿勢も山本為三郎が残した風土ですね。

そして三ツ矢サイダーと言えば大瀧詠一、三ツ矢サイダーの爽やかなイメージは、大瀧さんから山下達郎さんに引き継がれていくことになる。全然関係ありませんが、大瀧ミュージックを一曲聴くしかありません。

Posted on 3月 29, 2017

美と出会う旅をする

Posted in Liberal Arts

自分が今までやってきたことは美と出会う旅だったと言える。

小林秀雄は桜を愛した。弘前城址、高崎城址、盛岡の石割桜(今年はここにこの時期に行く)甲州・山高実相寺の神代桜、、、晩年は毎年、各地の古木、名木を七分咲きの頃を見計らって訪ね歩き、自宅(鎌倉・山の上の家)の庭にも枝垂桜や普賢象、山桜など数株を植えて楽しみにしていた。
本居宣長は、生前に自らの墓を設計し、そこに山桜を植えるよう指示していた。小林の代表作「本居宣長」はそんな話から始まる。。。(本文中より)