さくら さくら 二題

そうだ京都行こう

安吾の才能が炸裂する作品、物語のあまりの怖さに何度も読むのをやめたくなるのだが、桜の描写の美しさには天才として余りあるものがある。