ワンカイヨの木彫り

ペルーの首都リマからバスで7〜8時間、アンデス山中の3200メートルの高地にワンカイヨという街があります、そこに到達するまでに4800メートル級の峠を越えなければならない、ほとんど高山病が発症するような世界。
そのアンデス高地の民芸品。
日本グラフィックスの元祖・芹沢銈介・人間国宝が選び1972年に紹介しています。なんという審美眼なのでしょう、その地球の裏側の涯の高地から来たものです。