はじまりはいつも此処からさくら咲く。

根岸森林公園の桜山
この桜山の美しさは稀有なものです。
あえて満開を少し過ぎた、しかも薄暮の時間の一瞬を捉えに行きました。
桜は日本人特有のもののあはれを凝縮しているようであります、寒さに耐えて耐えて咲き始めると、その美しさはひとときであり、散りゆく。そしてすぐに葉が出てくる、その若葉もまた美しく、好きな季節はこれからなのです。根岸森林公園の桜には種類があって、これから満開を迎えるものたちもたくさんあります。
日本各地に桜の名所はございますが、ひとかたまりの山と公園の芝生の相俟った美しさにおいて、ここはなかなかのものです。
立春から立夏までを春と言い、四季の美しさを大切にしてきた日本人。四季の中でも春は一番でございます。
連休明けが立夏ですから、すでに短い春を感じていたい。
「はじまりはいつも此処からさくら咲く」

「夜空ノムコウ」っていう名曲があります、いつもこの太陽が少し落ちた林のオレンヂにその曲がラップしてくるのですがね。。。

PHOTOS:MWL STORE
旧暦と生きる、石川町のMWL STOREです。