秋の急須と酒器展のご案内③

10月26日(木)〜11月26日(日)まで、急須展が始まります、
それに向けて出展する急須作家さんの作品を事前にご紹介させていただきます。

本当に美しいマイ急須と出会う、嗜好品としての「茶」産地やそれをお作りいただく農家さんまで思いを馳せ、開いた葉が醸す味の隅々まで味わうのが煎茶、日本人の繊細な感性や茶道が日常に飲む煎茶にも他の嗜好飲料と異なる道を開きました。飲んできた歴史、道として高めてきた歴史が違います。日本茶は日本で進化した。
繊細な感性が辿り着く嗜好品、それは普通の日常に寄り添う煎茶にありました。いいお茶にはいい急須を。

山田勇太朗さん
海が近い常滑の伝統的技法の藻掛けを用いた急須を作っているのは25歳、この世界としてはかなり若い作家さんになります。土作りから始めて、伝統と向き合う、将来がとても楽しみであり、すでに魅力的な感性をお持ちです。

経歴
1992年 愛知県常滑市生まれ
2010年 常滑高校セラミックアーツ科 卒業
2014年 大同大学工学部 都市環境デザイン学科 卒業
2017年 常滑陶の森陶芸研究所 終了
家業である植木鉢の製陶所では職人仕事をし、並行して急須の作陶を行っている
常滑で将来を期待される若手作家さんです。

PHOTOS:MWL STORE
FOLK ART by HAND