ロータスのスプレッド

(うちで売ってはいませんが、、)
ビスケットがとても美味しい、ハッピーな味のロータスです。
そのスプレッドを発見、へーセンスいいなぁと、どこが輸入してるのだろうと思い裏を見たらなんと、伊藤忠です、ちょっとびっくり、企業の規模のデカさに対してのアイテムの小ささと言えば誤解になるでしょうが、褒め言葉。別に食品の商社はたくさんあるのです、こういう輸入菓子派生の、なのにもかかわらず、伊藤忠さんの登場と、嬉しかったですね、一人の商人無数の使命を地で行っている、これきっと担当の人の食べてからの思いがものすごく強い商品だと想像するのです、食べた時に美味すぎる!と思ったんじゃないかなと、そんなことを巨大商社が直貿している、商売の基本、商いの基本ってこんな人の気づかない、小さな点を見出して、「利は元にあり」ますからね、それをたくさんにして大きな川の流れにするというところ、だからこそ世界に散っていく「一人の商人の使命」は大きいのだと。そして食べる、無数の人をこんなにハッピーにする、そこには売り上げじゃない、美味しいというたくさんの人達のハピネスが一番にやってくる、それが商人の使命なのです。
ロータスのスプレッドを見て、想像の世界を広げていきましたね。
「非資源で生きる、伊藤忠」レベルの高い実践をレベルの高い食品スーパーで見っけました。
あぁ、美味いなぁ。ロータスは。

石川町の裏通りでひっそりと
MWL STORE