春を待つ。

ティーファーム井ノ倉のお茶ができるところは、ここから間近のところにあります。何度か訪れた時にちょうど梅の季節に遭遇し、ここに書かれてある通りのその梅林の美しさにしばし車を停めて見とれていました。なぜここにこれほどまでのものがあるのだろうと。このような豊かな自然背景の中で、植物は美しく育つ、お茶が美味しいはずであります。山が美しいと言うのでしょう、「山笑う」や「麗らか」と言う言葉のお茶が生まれるのがなるほどと思えるようなテロワールなのです。興福寺、二月堂、国立博物院と共に、さほど遠くありませんのでレンタカーで月ヶ瀬梅林は如何でしょうか。
私どもMWL STOREは奈良月ヶ瀬、出雲出西、伊勢度会のお茶をお薦めしています。理由は育っている背景の自然と土壌にあります。

JR東海・ウエッジ発行 「ひととき」より引用。