とらや

休憩 とらや

何と美しい葉っぱの煎茶、これですよ、日本人の繊細は煎茶に極まれる。煎茶です。
一保堂が納入のお茶という説がありますね。
この時節の、桜あんみつを所望しました。
色、それぞれの造形、味と、アート作品です、もうここまできますと。精神の糸を解く。こういうものを知らずして生きるほど残念なことはないなぁと思う。