ライスボウルへ。

接戦を落としましたナショナル、富士通がライスボウルへ。
本当に最後の一戦となった鳥内さん。社会人との差がありすぎますけれど、そんなの関係ありません、学生時代にしか体験できないことはたくさんあるのです、文化を生きているということを何年も経ってからわかる。笑わない男が笑ってる。学生が主役ですから俺なんてどうでもいいですよ、学生に聴いてが口癖、学生を守るリーダー。一月三日へ。