Miles in Paris 1989

冒頭の曲は「ヒューマン・ネイチャー」マイケル・ジャクソンのスリラーというアルバムの中の名曲です。それをマイルスが曲を気に入り、この80年代後半以降、晩年のマイルスのコンサートにおける定番の曲でした。自らも天才ながらも優れた才能を認めるということもマイルスはいつも先取だった。それにしてもこの服のセンスはどうだ、かっこ良すぎるよねぇ。マイルスはやっぱり最高です。彼は特にパリが好きだった、若い頃から新しいことをする場所にパリを選んでいた。このステージデザインや構成もかっこいいですよね。こんなライブを見てみたいなこの時代に戻ってね、パリで。