Posted on 10月 02, 2020

HONDA RACING

Posted in Liberal Arts

インディだけでいいと思う。

今年の4-6はこんな状況、まあコロナなので。しかし2輪は黒字を確保した、ここはすごい。販売台数が5分の2になっても黒字かー。すごい体質だ、素晴らしい。それもそのはず去年までの通常の世の中であれば営業利益率は13.1%だった、それに対して同時期のクルマは去年ですら4.4% バイクの部門の高収益ぶりが際立つ。そのほとんどは東南アジアの小さなバイクの販売の多さで積み上げたもの。ここが大事なのです。クルマの営業利益率は悪化を辿るばかり、なぜか、自社で賄えない調達電子部品の高さ、ソフトウエアの高さがあるだろう、そこのソフトコストが高いから、儲けにならない。その点ベーシックなバイクにはそんな部品はほぼ不要だから、自分らで賄えるから利益率は上がるわけだ。利は素にありのいい見本。だからホンダだけじゃなくて、最新の自動化したクルマはどんどん高くなってしまう、いらないパーツ、あまりにオーバースペックはユーザーはいらないから、価格がまず基本のもの造りに戻った方がいいと思うのだが。ヨーロッパのレースで勝っても、もう何の影響もない時代になったから、ならばアジアでせっせとやった方がいいと思うのだが。主戦場のアメリカの自動車の販売だけで8%ぐらいの営業利益率は欲しいですよね。2輪部門は優等生。ホンダさん頑張って!