魅了する常滑急須

常滑のスタンダードと言えば、朱や黒の横手の急須をふつう想像する。それらが近代の焼き物としての産地を形作ってきたからだ。そういう意味でも ”浜坂尚子” さんのクリエイティブが生まれる瞬間は面白いと想像してしまいます。アバンギャルド感がありながらも、ちゃんと美しいのです。それも「美しい」金と銀の使い手の名手であると思う。そのチラシ方が絶妙に良くて、私などいつも唸ってしまうから「ハズしの美学」と申し上げておきましょう。ハズしてハズさない。わかります? 愛着を持てる逸品として佇んでいます。常滑の産地としての奥深さとこれからの芸術的多様性を感じさせるものでありますね。しかも日常的に使える、ここが常滑です。これらの作品を見て育っていく人たちがすでに居ると思うからです。

2021 MWL STORE  – 常滑の急須作家さん達の創作展 – より。