魅了する常滑急須

後ろ手のまあるいポットの達人、そして独特の白い肌。つまみもまあるく掴みやすく、ハンドルの大きさや形もとてもよく考慮されている、言わば大人のポット、いろんなことを思いながら最良を形にされているように思えます。千葉光弘さんのポット、他にもいろんな可能性が想像できるのですが、ポット以外のものもこれからは見せていただこうと思っています。私どもの初期の頃からどうも、いつもどうしても気にかかる作品群なのですよね。

2021 MWL STORE  – 常滑の急須作家さん達の創作展 – より。