作り替えることが飛翔の原点

今あるもの、伸び悩むものを画期的に伸ばすには中興の祖となる人材の確保が必要、それはゼロから思想を創り、語れる人のこと。曖昧の面白さ、偉大さのことである。思想を語れなければならない。面白い時代になってきた。今あるものがどこで、誰が変えたのか、それは思想であると言える。思想を持ってきた者の存在が一番大事で、ブランドがぶれなく成長続ける理由だ、誰が経営に居ようとも、関係ない。思想と頭脳に長けた存在がいれば。あとは枝葉であり端末だ。ざっと見てもいっぱいある、そのままでは何も変わらない。歴史がその解を示している。

学び続けている人だけがつくれるものがあり、学びのない人にはその気づきはない。