DAVID BOWIE

生涯を通じて、イギリスのメンズドレスの似合う人だった、その精神がずっとあった。一見意外だが、大切にされていたのでしょう。だからこそよくお忍びで京都に来て滞在していたのでしょうね。