プリミティヴなバッグたち再入荷

写真の上・人気の大ぶりのマルシェバッグの再々入荷です。アフリカの中部のブルキナファソの隣国ニジェールのアガデスという町で作られているマルシェバッグ。椰子の木の葉で編まれています、とても軽く、丈夫、体に触れても痒くもなりません。耐久性があります。マルシェへの買い物などに便利なサイズ、まったくのナチュラルを優れた技術で編んだ、そういう意味でとても素晴らしい民藝製品です。5,720円 H32 W45 楕円の底20X34 ハンドル高・およそ11㎝ 残り一個あります。

ナチュラルに色の部分は紫です、涼しげな透かし編のパリジャンぽい、洒落たバッグです。

紫で再入荷しました。夏の通勤・通学などを奇麗目に仕上げてくれます。

アフリカの中部の国でとても優れた手編みのバッグをたくさん産出している国、ブルキナファソ、主にフランス・パリなどのブティックに出荷することにより、プリミティヴなすぐれた技術とデザインセンスを磨いてきたという背景があります。これはブルキナファソのよく見かける丸い形状ではなく、トートタイプの透かし編の今年の新作で、より奇麗目な創りになっています。編も素晴らしいです、高い技術が見てとれます。紫の部分は染めてありますので、夏特有の汗や、急な雨、水濡れなどによる、移染(いろうつり)などにご注意が必要で、白いシャツや白い服を着られる日にはご注意が必要です。11.000円 H25 W33 底28x17 ハンドル長40 いずれも約です。素材はエレファントグラスという丈夫な水草です。形も体に沿ってくれて、腕に掛けて持っても痒くありません。今日一個あります。