お弁当の海苔

おにぎりをランチにしてます。錦市場の京こんぶ千波さんのつくだ煮などを入れ込んでいるのですが、それに巻く海苔が自分には大事で、やはり旨味が一番だと思うのですよ、自然に出ているの、何も足さない自然のものですね、そこの海や山から流れ出た栄養が海苔を育て、海苔に加工した時に結果的に自然に旨味になっているものだと思っていて、それを探しています。そしてそれなりに厚みもあるもの、厚すぎてもダメで、海苔の味が勝ちすぎるからで、程よい厚みがいるのです。それは海苔づくりしている人が一番知っているのだろうと思うので、だからずっと美味しい海苔を探す旅をしているのです。現地に行くという意味でなくてね。右は最近買ったもの、横浜駅のクィーンズにあった、バイヤーのおすすめとして、さてどうでしょう。左はオーガニックショップであったものです。最近はこれを食べていました。高いものから選ぶことはしません、なんでもそうですが、価格はその絶対的なものではないというのが、私は思想ですから。中庸のプレミアムってやつですよ。ただ安くていいというのもいろんなところに負担かけていますからね、自分達だけが良くてもダメなんですよ。世の中循環ですから、回り回って自分に来るんでね。