きみと食べたい

平野さんの文章はとてもいいです。ポパイの連載時代に見つけました。目から脳へ行って、口や指先からアウトプットされる言葉には、他には居(お)られない新しさがあります。それを天賦(てんぷ)の才能というのだ。NHKは早くからそれに気づいていた。