SKI

パタゴニアでウエアを見ていたら、気温の低下と共に無性にスキーに行きたくなりました。去年はお店をオープンさせていただいたこともあり、行けませんでした。一昨年にフォルクルのカービングとラングの靴を新調したばかりで結局一度しか使えてなくて、残念なことに、最近のカービングスキーって板が勝手にこの映像のように大きく走ってくれるんですよ、すごいですよね、今年は行きたいのですが、、、

パタゴニア

関内(日本大通り)のパタゴニアさんが本日リニューアルオープン。
実はこの地、関内、ここはパタゴニア日本にとって最も意味のある店舗です。
長く工事をされていました、本日オープンということで行けたのが夜だったのですが、まだお知り合いの方がおられて話を聞いていました。やはり床材は古材のリノベーション、壁の煉瓦もリユースの素材をヨーロッパから取り寄せているということです、床のレベルを合わせるのが大変だったそうで、とてもいい感じの床になっていますね。パタゴニアさんは基本的にリノベーションした物件や材料を良しとして使われることがほとんどです。自分たちのオリジンを大切にされている。
1980年代には関内にオフィスがありました、その頃はまだショップはなくショップを出すための準備や日本からのメールオーダーの手助けなどをやっていました、当時は当然Eメールなどありませんのでファックスのオーダーです、メールオーダーで買いました。当時のダウンベストを未だに着てますよ、カリフォルニアのベンチュラのパタゴニア本社に三回訪れました、会社の中も全部見せていただきました。全てが素晴らしかったです。
今日お店に偶然来られていたのもその本社行きの段取りとっていただき、また現地をご案内いただいた方でした、奇遇ですねこれもご縁です。
日本のパタゴニアは神奈川発祥、その後鎌倉に店を出して社員をサーフィンに行かせてイメージをあげて、世界に羽ばたく成功例になったパタゴニア日本です。

PHOTOS:MWL STORE
THE 神奈川