投稿日: 1月 17, 2022

グッドモーニング神戸

カテゴリー: Think.

もう27年も経つ神戸の大震災、浜芦屋のあたりで阪神高速がぶっ倒れていて、クルマがその切れ目でぶらんぶらんしていたこととか、とにかく凄まじい火事が各地で発生し、そら恐ろしい光景がすぐに目に浮かんでしまう。まだまだ記憶に鮮明に残る。体全体が激しく、瞬間に凄まじく上下ににシェイクされた、直下型地震だった。ひとたまりもない瞬時の出来事。その身をもっての体験から住む処の地盤は慎重に下調べしたし、店の什器はすべてがっちりと壁付けにしている。お客様と従業員を守るために。備えよ常に。はボーイスカウトの教え。

パストラミでエッグマフィンを作った。美味しいよね。

投稿日: 1月 14, 2022

SONY & HONDA

カテゴリー: Think.

アップルが現代自動車と組みEV車を開発しているという噂が消えない中、北米におけるトヨタに次ぐ日本企業としてのホンダの存在や販売台数は日本の国家としてとても重要なところでありマーケットでもあります。解として浮上するのが先日のSONY EVと HONDAが提携したら最良という考え。別会社が必要だろうが、ここ数年でEVとブランド力という点においてお互いの利害が一致できうる最良のパートナーとしてお互いが認めあえるJAPAN であると想像します。それくらいこれからの自動車にとってエレクトロニクス関連の搭載が大事、自動運転などなど。ソニーとホンダならばお互いがイーブンな関係が築けるようにも思う、アップルと組むということはどうしてもアップルが主になり提携先は下に入ることになる、ブランド力が桁違いだからだ、どこと組んでもそうだろうアップルは。そういう点において日本の未来10年を考えるとSONY と HONDAのしっかりとした提携、日本の未来はそこに解があるように思えます。難しい諸問題を超えて行かねばならないが、とても希望の持てるコトでもありませんか?SONYにHONDAが付くとタッチは作れる。クルマの名前はSONYネームで出した方がいいと思いますがね。とても新しさがあるから。

モンキー125 これも今じゃタイで生産、二輪事業はホンダの収益の要です。

投稿日: 1月 14, 2022

勇気のいる決断

カテゴリー: Think.
上を絞る包装から左の包装に変換するNH

小さな、実は大きなニュース。意味がないように見えてとても意味のあったであろうパッケージのスタイル、しかし、LCA(ライフ サイクル アセスメント)の視点から見ると早期に超えて行かなければならない、おそらく社長決裁レベルのことだっただろうと思います。イメージの良さ、味はもとより、二つを束ねて、単価を結果あげる戦略は、当初はお得アイテムとしての期間提案だったのでしょう、が、案外売れるということで売り場の常態化になった、他社も同じ売り方をする、どこが始めたのかはわかりませんが。それは小売りにとっても単価が上がることではよかった、お弁当などには必須のアイテムであり、子供から大人まで、ハムはそういうわけには行きませんから。そのジャンルの売りの確保という視点ではとても力の強い商品。しかしながら、プラ削減が声高に叫ばれる近況に、各小売において山積みな表情からは、二つの袋を一つにすれば大きくプラ削減につながるのではないかと考える人が増えている、特に子供たちの世代、小・高学年から中高の弁当世代の意識ある子たちはそれに気づく、販促の効果つまり束ねているお得感のイメージなど関係がなく、プラのことのみが目に映る。なぜ削減しないのかと。学校でも私たちの世代とは全く異なり、そういう教育を受けている、だからZ世代以降の環境意識は全く異なっていると想像できるのです。その意識が比較的に薄いのは私し世代なのかなぁとも。。。これによって売り上げに影響する可能性も含んでいるものの、ツーパックを一つにする包装をするなどすれば、LCAに対しても積極的なブランドというイメージになると思うのです。いずれにせよとても勇気のいる素晴らしい決断だったと讃えたいです。日常の中にあるからこそそう思います。できることから一つずつ、それは素晴らしい。

投稿日: 8月 07, 2021

Sing a Song

カテゴリー: Think.

セサミストリートで育った世代だろうここにいるみんなのほとんどがね。ケネディ・センター名誉賞、ワシントンD.C.にあるJFKセンターで行われている。日本人からはクラッシックの小澤征爾さんが2015年に受賞している。セサミストリートは番組として2019年に受賞、遅かったぐらいだ。ふつうは大統領夫妻から贈呈を受けるが、2017~19年トランプ氏夫妻は授賞式そのものを欠席。こういうところでも民主と共和の分断を煽った。JFケネディセンターだからだろう。賞は1978年からアメリカの優れた芸術家に贈られている賞である。セサミストリートで必ず出てきたこのカーペンターズをオリジナルとするシング、日本での放映は1972~2004年までのNHKの長寿番組だった。その功績も大なるものがある。今だからこそ「Sing a Song」だなぁって思いましてね。歌の力って大きい。「Sing」

このように歌える日が来ることを…

 

投稿日: 7月 19, 2021

いざ鎌倉へ。

カテゴリー: Think.

晴れたら湘南、本日も晴れての月曜日。予定の通り、月曜朝一。鶴岡さんへお詣りしてまいりました。時節柄「夏越しの祓(なごしのはらへ)」の時節でもありますので、これも。何かと心配事ばかりが多い時節柄、お願いばかりになりました。

クルマ専用のお祓いの場所がありまして、ご神職の方がわざわざここまでお越しいただいてのお祓いです。交通安全祈願をお願いしています。珍しく人のいないとても静かな鶴岡さんでございました。

今年後半のスタート、世の中に流されず、粛々とスタートす。

投稿日: 7月 13, 2021

Primitive

カテゴリー: Think., お取り扱い商品

Primitive (プリミティヴ:素朴なさま、原始的な表情)と言えばこれほどのアートはないだろう。アフリカのケニアという国で生まれている。みんな知っている国の名前、少年ケニアであるのにほとんどの人が行ったことはない。生活の中に普通に生まれているのだろう、オリーブの木を素材として、水牛の角を付け加える。まさにプリミティブなアートはその日常の中に生まれる。たくさん見ている中から優れたものだけを射抜く目は、たくさんの街を、展示会を、見てきた目からしか生まれない。それの集大成を少しずつ。なんと550円である、いいのかなこれで。自分たちに都合の良いようには生まれていない、自分たちで用途を考える、その優れた素材を、人と同じだね。実に美しいね。

LIKE NO OTHER  M  W  L  S  T  O  R  E

 

MWL STORE  LIKE NO OTHER

投稿日: 5月 11, 2021

レーズン・ロール焼きました。

カテゴリー: Think.

これがまっことうまいぜよ。自分で作るのが、小麦粉もレーズンも選べますからね。うまい、レーズンロール。

これがまた毎日うまいぜよ。
トマトに関するDNA解析などビッグデータを大量に持つ、カゴメさんのトマトジュースはうまい、無塩トマト。俺も今なら農学部に行きたかった、面白いきっと。経済出てから農学部にまた四年もいいけどね、環境が許すなら、もうこの時代は慌てても仕方ないものねぇ。学問で深く学ぶ農業はきっと面白い。座学とデジタルDXの掛け合わせが農業に出てきて俄然面白く、そしてビジネスになり得る状態になってきた、特に美味しいレベルの高い日本では。

投稿日: 5月 05, 2021

Quality of Life Survey 2019

カテゴリー: Think.

快適に過ごすための品質基準を満たす都市のトップ25。トップ10にドイツが3つも入っていて、安定的に上位に入る都市が多い、やはり第二次対戦後からの復興という視点でいいいますと、ドイツという国はすごいですね。いろんな基準をもとに決められているのですが、25の中に京都、福岡が入った日本も大したものです。ドイツから4、日本3、オーストラリア3ですが、イギリス人であるタイラーの自国とアメリカに対する評価は厳しくて、一つも入っていません。パリも19番目という評価だ。ドイツの各都市とイギリスとアメリカの各都市の違いは、似て非なるものと言うのか、ビジーさのことなのかなぁと、あまりにも忙しい国の大都市は排除される。そこに東京が2位で割って入ったってのは、ひとえにタイラーが日本が好きで、日本の状況にとても詳しいからなのかなぁ(笑)これも2020年版は出ていなくて評価のしようがなかったのでしょうかね。今年も難しい。

こういう指標で街を、世界の街を見て、100年の大計を建て、渋沢栄一のような次世代がまた出てきていただきたい日本なのです。若いうちに世界を見ておいていただきたい。今の東京の基盤は渋沢たちが作りあげたものです。オーストラリアって静かにすごいです、最近の状況を見ていますとね。今注目はオーストラリアですね。最近は国としてはっきりものを言いますし。資源に溢れていますし、その動物たちと同じで独自性が高い考えがあるように見えてきました。何年後かわかりませんが、この状況が変われば、若い人たちは世界へそれぞれ出て行って欲しい。日本は水素と豊な海洋資源、これの技術立国へ。オンライン上の技術だけじゃなくて、生業の技術に投資してもらいたいと大企業や投資家には思います。その代表が農業だよ。安全で美味しい農産物を余すことなく食べてもらいたい、そして生産者が豊になる社会へ。これらの都市たちにはその解につながるキーワードがいくつもある。それにはまず見て体験することが必要になる。