Posted on 3月 31, 2019

1999

Posted in Liberal Arts

1999 SS HERMES by Martin Margiela

たてながというかハイウエストにタイトな感じはここんところのウィメンズの傾向ですがこれほど洗練されたものをなかなか見れない、でもアーカイヴスを紐解けば辿り着くのです。ステラやフィービーのセリーヌにその後の影響を与えたのは間違いないのであります。世紀末のデカダンスだったマルジェラによるエルメス。
Avant-garde meets Conservative 服の歴史が変わった瞬間。

Posted on 3月 28, 2019

PAPA HEMINGWAY

Posted in Liberal Arts

全曲の詩は安井かずみ、最初の2曲が特にいいです。バハマとマイアミで録音、ヘミングウェイですから、安井さんの詩の影響でしょうね、多分、加藤さんにとってこれからの3枚が一番人生で輝き、楽しかった頃なのでしょうね。なんとなくそんな気がします。加藤さんにとって安井さんの存在はあまりに輝いて、創造性やいろんなものコトの宝庫というか、源だったのでしょう。よく出会ったものです、この二人が。安井さんが居なくなった人生がどれだけ辛かったのでしょうか、想像もつきません。

Posted on 3月 26, 2019

LSPX-S2

Posted in Liberal Arts

グラスサウンドスピーカーの2世代目が発売になり届きました。実は家用に買ったのですがあまりにも良かったので、やはりお店で使うことにしました。ハイレゾ対応にもようやくなりましたが、今のところはアイパッドのSPOTIFYで行きます。ろうそく機能も働いて、夕方からがいい感じです、聴きに来てください、充電にも対応しています。店が開いている7時間が丁度ぐらいでしょうか、だからテーブルの上に置いておけるのでぐるりと音が廻る、1世代目は充電が持ちませんでしたしね、お家で使うことに。https://www.sony.jp/otona/

ソニーらしい尖った製品、アップルは今やこんな尖った製品は作らない。
音を真ん中に置く新しいリスニングスタイル
レッドドットのベストオブザベストを取りました。これはちょっとスゴイな。欲しいよねレッドドットは。
こんだけ対応。

とにかく一日中音楽かFMを聴いていますからデバイスがとても大事なのです。クリエイティブの根源っていうのでしょうか。今日も一曲いい曲見つけたのですよ。

It’s a SONY. MWL STORE

Posted on 3月 26, 2019

お花のワークショップ。

Posted in Liberal Arts

先日の様子です。恒例のLes Prairies atelier asako 先生のお花のワークショップ開催されました。春の花、素敵ですね!あなたもお花のワークショップに参加されませんか、MWL STOREのお店のSNSをご覧ください。これから数ヶ月は年中でも特に花が美しい季節、踏み出してみましょうワークショップへ、新たな季節に新たな気分になれますよ。

Posted on 3月 24, 2019

コウダスタイルのバッグ

Posted in THE 神奈川, お取り扱い商品
お客様にオーダーいただいたバッグが入ってきました。印象的な赤、綺麗な色のバッグ、形も色もかわいいですね。コウダスタイルさんならではと言えるような色使い、葉山らしい色。
本当に丁寧にお一人で一つ一つ、あなたのために気持ちを込めてお造りいただけます、持つ気持ちも当然変わってきますよね、やはりプロの仕事ですから、完成品は。
ミシン目の美しさに驚愕ですね。あなたもそろそろ自分色のマイバッグを如何ですか?
セミオーダーですからこのような2色使いもできます。4ヶ月ですが、経ってしまうと待っていた時間があっただけに喜びもひとしお、自分だけのオリジナルですから。オーダーいただく方が増えてきました、今からのオーダーだと7月頃のお渡しになります。葉山のブルーですね。

神奈川には葉山、逗子、横須賀、そして鎌倉が控えてますからね、すごいな神奈川は、、、横浜から始まるベイサイドの物語。

晴れたら湘南。 MWL STORE

Posted on 3月 24, 2019

MARINEDAY TOTE BAG

Posted in お取り扱い商品

2019 Spring/Summer の神戸・マリンデイの新作トート第2弾が届いています。リネン帆布の生地をパラフィン加工しています。とても使い易いサイズになっています。リネンをパラフィン加工した時特有の味と、レザーの組み合わせにより、トートバッグに上質感を漂わせています。カジュアルにも少し綺麗目持ちにも対応できるトートバッグに仕上がっています。縫製品質の高い日本製です。

ハンドルはブラウンレザー
生地は上と同じ色ですが、ハンドルがブラックレザーに、それだけで少し綺麗目に見えます。リネン・パラフィン加工という素材が故に、オールコットン帆布トートと見えかたや持った印象が異なりますね。
リネン・パラフィン加工キャンバス生地の特性上、生地色によっては筋のようなあたりも出ていますがこの生地特有の癖となります。それらを含めてリネン帆布製品表現上の意識した味とご理解くださいませ。ブラックレザーにブラックリネン
ここ数シーズン人気の続く、赤土色といいますか、ほぼ写真通りの色になります。
ジッパー付きの内ポケットと携帯などを入れるポケットも付いて便利です。
しっかりと作り込まれていますので、レザーとのバランスが上質に見えます。

Posted on 3月 22, 2019

Professional

Posted in Liberal Arts, 和魂洋才

日本のスポーツ選手で以前にも以後にもこれ以上の人は出てこないでしょう。そういう意味で真のプロフェッショナルという言葉がふさわしい。練習の虫。才能がある人はある程度のところへ行くと練習をしなくなる。それでも通用するからだ、イチローは違った、最高位に達しても練習を自分に課し続けた、引退会見でも明日も練習していますよと言っていました。それをプロフェッショナルって言いますよね、仕事や事業家と同じですよ、練習し続けるものだけがプロフェッショナルに、成功に、到達できる。いやイチローにはなれないな誰も。

オリックスブルーウエーブに在籍していた時代、神戸だったものだからよくイチローを見に行った。もともと阪急ブレーブスのファンで西宮球場の時代からよく行っていました。宝塚にはタイガースファンも多いですが、ブレーブスファンも多くいましたから、なにせ地元ですから、今津線に乗ってトコトコとね。イチローがブルーウェーブに入ってからは、やはりその類いまれな才能と華のあるスター性を見たくて通っていたものでした。体型が変わらない、スポーツ選手に最も重要なこと、練習していますよ、を示しているからですね。それを維持してきた、素晴らしいですね。

Posted on 3月 21, 2019

とらや

Posted in Liberal Arts

休憩 とらや

何と美しい葉っぱの煎茶、これですよ、日本人の繊細は煎茶に極まれる。煎茶です。
一保堂が納入のお茶という説がありますね。
この時節の、桜あんみつを所望しました。
色、それぞれの造形、味と、アート作品です、もうここまできますと。精神の糸を解く。こういうものを知らずして生きるほど残念なことはないなぁと思う。