Posted on 8月 29, 2021

新潮社・波 9月号

Posted in Liberal Arts

「波」の9月号が届いた。今回も冒頭の筒井康隆さんの短編が良い。表紙のイラストは銀座線、会社行くのに長く銀座線を使っていたから銀座線には特別な想いがある。あの黄色い車両も特別であり、それぞれの駅のホームも特別だ。駅で一番好きなのは赤坂見附だ、丸の内線とのあの変則的でも便利な交わり方は首都の中心ならではのことだろう、パリやロンドンの地下鉄に習い作られた。僕が東京に来た時にはまだ営団地下鉄と言っていた、帝都高速度営団地下鉄と言っていた、帝都ですよ。帝国の首都。小泉さんの親父さんがぶっ壊した。今は東京メトロ、地下鉄の開業当初のままのトンネルの大きさ、駅の長さなので、運輸量に限りがある、だから本数が多い、なんと1〜2分でピークダイヤの時間帯はやってくるという、驚きの便利さ、日本の首都ならではの整然さを代表するものでもある。銀座線と丸の内線のみが規格が昔のもので異なり、唯一JRや私鉄などの相互乗り入れができない路線、それが故にいろんな歴史的遺産が残っているとも言える。トンネルや駅をやりかえるには莫大な費用がかかるからだ。その銀座線と丸の内線が上下にすれ違う駅が赤坂見附というわけだ。てなわけで、門井さんの「地中の星」を読みたいと思うわけです。

渋沢栄一を口説き、五島慶太と競い、東京に地下鉄を誕生させた男の熱き闘い。

Posted on 8月 28, 2021

この秋の始まりの人②

Posted in Liberal Arts

街中で

すごいですね、ベルトのあまりを垂らしも垂らしたり、膝下まで行っている、でもそこがポイントなんですね。
下に着たリネンのグラデーションが効いてます。リネンはすでに年中アイテム。ボブがお似合い。
秋の始まりを感じさせるパターンなOP
ウォホール的
今回で一番好きな写真です。シューズがいい、スニーカーだと良いと思わなかっただろう、この組み合わせとパンツの皺感がとても良い。60年代ギリ、70年前の頃のフィルモア・イースト的なイメージだな、シューズも完全にこれヒッピーでしょ。音楽ならレナード・スキナード的な。。。
日本人が好きなパリジャン的ルック、デニム、そのベルト、バッグ、質の高いコーディネート、オーバーサイズはまだしばらく続く。なんと言ってもベレー帽が効きます。パリの街角
去年から顕著に出ている傾向の左ダブルのセットアップに下にTシャツ合わせ、メンズライクにこなす。色もブラウン、サイズもオーバーサイズで。

Posted on 8月 28, 2021

Golf8

Posted in 私が選ぶスタンダード, 開物成務
一発で決めるロゴ、数年前に新しくなったロゴ、細くなっている。日本に輸入される車両はGolf8から順次新しいロゴになっている。バウハウスモダンの流れを唯一汲む自動車メーカー、中でもGolfという車種は背負っているものがある、伝統的に。
デジタルなコックピット、レシプロ化石燃料のゴルフとしては最後のゴルフになるのかな。次は完全EV化するのか、インテリアやダッシュボード廻り、ハンドル廻り、車載システムはほぼその仕様に。id3やid4が輸入され始める1年か2年後ぐらいからヨーロッパでは最も先進するVWEV戦略が日本にもお目見えする。乗っていて思うのは歴代のゴルフの中でも一番ガッチリとドイツ品質で作られている大衆車だと思う。このGolf8に決めるまでに3年ほどかけて、先代のオールトラックからの買い替えを考えた、50台ぐらいに試乗した。最初からゴルフに決めていたわけでもなくて、どちらかいうと候補としてはずっと後のファイルにあったものだ、魅力的な車は当然多々あったわけだ。最終決めたのはやはりサービス拠点の多さだった、先代のGolfオールトラック時代に京都行く途中で、もうほとんど京都東の出口だろうという時に不具合のランプが点灯、ええぇとなり慌てた、走れる不具合ではあったので幸いにも、そしたら探せば目的地のすぐそばにVWの販売店があった、京都ぐらいならまだある方で、輸入車はそこが困るときは困るのだ、過去にも経験がある。レッカーサービス24時間とかもあるけれど、それは本当の最後の手段、それまでの不具合でもやはり、荷物もあるし乗って帰りたいというのが本音、その時にはサービス拠点の数がものを言う、言ったのである。横浜ナンバーを見て、お困りでしょうと、すぐに対応してくれたすぐにだ。VWは販売店のヨコのつながりがとても強いように感じた、昔からだが、自分とこが売ったものでもないのに売ったようにサービスしてくれる。とても助かった。やはり長い歴史に積み上げられた、拠点数とサービスの実績、VWはもう国産並みのサービスの品質があった。それを他の試乗を繰り返し、他の車の魅力を考えても、結論、日本中に仕事で出かけるのに、あの京都のようになったら、、、と考えるとやはりVWか、、、と私はなってしまった。サービスの品質に信頼があったのだ。その基本の信頼プラス、この圧倒的なデジタル進化したGolf8の魅力はアドバンテージ高いものがある。走りの質がやはりドイツ車だ。特にコーナリングがいい。先進なテクニックをふんだんに満載している大衆車である。全く新しい価値がある、その技術的到達点はとても高いと私は感じる。そして言わずもがな、内装の触れる部分のタッチデザイン、はとてもLESS IS MOREであり過剰でないところがドイツ車の中でもとりわけVWだけに見られる知性であると感じる。それがバウハウス思想由来という私の論理である。中庸のプレミアムの代表であると思う。VW乗り、中でもGolf好きの個人的な感想・見解であり、ものにはなんでも諸説あります。いい車は多々あります。私はそう思うということが前提の文章です。時間が経てば消去します。

Posted on 8月 28, 2021

銀座百点

Posted in Liberal Arts
アルファミュージックの話
厚生年金のコンサート、関西遠征は彼らはよくきていてこの秋は大学祭によばれることも多かった、高校時代からの友人の女の子が甲南に行っていて、甲南の体育館に学祭でキャロルが来ると言って見にいったのを覚えている、まだメジャー爆発する直前のキャロルで鮮烈な印象だったなぁルイジアンナのイントロがかっこよくてね。

ミカバンド、キャロル、BUZZ 、オフコース、そして荒井由美が一緒に出てるってすごいな、あり得ない。それでも4時から2〜3時間やって一つのバンドで4〜5曲はやったのかなぁ、BUZZって、あの「愛のスカイライン」ですよね、いい曲だった。スカイラインが売れまくっていた時代、ケンとメリーのスカイライン。

Posted on 8月 27, 2021

メンズを着る、という選択。

Posted in 気になるもの。

どんどん拡がりつつあるのです、メンズを着るという選択。そして両方から着ることのできる複眼の視点の服。それは服を作り過ぎない、残さない、大好きで作った服をセールにできる限りかけたくないという視点からもです。ただ安いというだけではなくてね。Z世代の人たちは特にそういう姿勢に対して敏感です。その世代から拡がりを見せていますね、この本の読者層はもう少し上の世代かもしれません。明日発売

Posted on 8月 27, 2021

曜変天目

Posted in アルチザンな人たち

仕事の帰りに立ち寄ってきました。人も少なくじっくり堪能。良かった。

ファイルとピンズ買いましたわ。
思わず曜変天目T いっとくしかないなぁと… 買ってすぐ洗いました。2度と作れない世界3個のもの。小彌太(こやた)さんは蒐集(しゅうしゅう・集める、コレクション)したものを天下の名品を私用に用いずと使わずにいたと言います。これは、これはすごいな。現物の前で固ってましたわしばらく。
土佐の偉人たちがこしらえた会社ですな。土佐藩はすごい。
お宝レベルが違います、150ね〜ん。
マルコの口述書がありましたわ、これが一番驚いた。こんなもの持っているのかと。日本が世界に出る原点ですからね、そういう意味のある本と理解してらっしゃったところが、まだ情報など正確なね、ない時代なのにですよ。マリアージュのマルコでも飲むか、と改めて思いました。ムフフ
巨大すぎないビルがいい。
霧のシャワー涼しい
おいでやす

鑑賞券をお届けくださり、この貴重なる機会を頂戴いたしましたことに御礼と感謝申し上げます。ありがとう存じます。

美しいものが美しい。

Posted on 8月 27, 2021

ヤタロウ’ズ

Posted in 私が選ぶスタンダード

ヨーグルトとグラノーラ、免疫性を高めるためのせめてもの習慣と位置づける。体は日常食べるもので作られる、腸内は特に大事、根幹。そこから体へ吸収する。凍ったブルーベリーが暑さに気持ちいいです。抹茶は最後の一振りだったので粉っぽくはなったがそのほとんどは粉っぽくない、形が残る、それがヤタロウ’ズ。スタートしよう!

Posted on 8月 26, 2021

京都の”かき氷”

Posted in アルチザンな人たち

京都のかき氷、今年も食べたかったのにそのシーズンに一度も行けずに終わってしまう、今年も、夏。何でもそうなのですが、同じ”かき氷”一つをとってみてもクリエイティヴィティ、美への共感がある。素材だけでもだめだし、伝統とこだわり、町の中での切磋琢磨と共感、歴史が存在するとしか思えない状況。美しいとしか言いようがございませんね。