投稿日: 1月 31, 2023

The shop around the corner

カテゴリー: Liberal Arts

小さなショップの成り立ちにはたくさんの思いがあります。私たちの店の成り立ちにとても大きな影響を与えていた映画です。もう何度見たことでしょう。

この映画の主人公の「読み聞かせ」が売りだった街角の小さなショップは、巨大な量販店(B&Nのような)の出店で閉店を余儀なくされてしまいます。。。。。

ところがこの映画の後には、B&Nでさえ、アマゾンというネットメガモールの登場で経営がどんどん斜陽化、根本的なブックストアのあり方が問われていました。Amazonの時価総額は126兆円、B&Nは当時816億円で売却されていた。

最近バーンズ&ノーブルの業績が回復してきたといいます。今までは閉店に次ぐ閉店でいよいよリアル本屋の時代の終焉とどこにも書き尽くされていました。それが新しいトップが来て原点回帰の施策と実行力で業績が回復、特に顕著だった取り組みは、トップダウンの企業ビジョンを押し通して書店の現場を画一的なものにするのではなく、地元の書店として機能するよう、個々の店舗に自主性を与えることだったと言います。「本当に良い書店を運営する」ことだと。そして巨大すぎる売り場をコンパクトにする取り組みが功を奏しているようです。そしてパンデミックの時代にまた一度、街の書店が重要な意味になる、もちろん今までの書店そのままでないのは言うまでもなくであります。

クリエイティブな分野は創造性の勝負

 B&Nが改めて書籍に焦点を絞ったことが、再生にとって極めて重要だったという見方は間違いなく正しい。そして、文化に関わるビジネスではユーザーからの愛がカギを握るという「シンプルな教訓」には抗(あらが)いがたい魅力がある。「音楽や執筆といったクリエイティブな分野は、決算報告とブランディング契約ではなく、創造性に基づいて生き死にするものだ」――。

この見解には反論があるかもしれない。なぜなら決算報告はそれなりに重要だからだ。

そういう意味を含みながらこの映画を見ていると、とてもやはり良い。

投稿日: 1月 30, 2023

本日も店開けます。1時から6時まで。

カテゴリー: 開物成務

おはよ、ございます。寒い中にも陽射しからは暖かな春を感じる気配。寒ければ寒いほど春はいい。待ち遠しい、梅や桜やクレマチスが。

本日の東京新聞、私が東京新聞を読む理由がここにある。月曜日のトップ、それも夕刊でなくて朝刊に持ってくる記事として、イヴォンは秀逸だ、東京新聞らしい矜持を示した。ありがとう東京新聞。デスクもよくOKしました。

1980年まさにYMOの始まりと同じ時期にアメリカ本国の次に(カナダはある意味アメリカみたいなものだから)真っ先に始まった日本での販売、それ以降の国に広まり始めるのはかなりの時間を要した。

1980年にファックスで通販したのを覚えている。同時期にそういうファックスでの注文の案内などをしてくれる事務所が関内にあった。日本のパタゴニアは関内からスタートした、今のパタゴニア横浜ストアのあたりかどうかはもう覚えてはいないけど。その後しばらく経って鎌倉はスタートした。日本のパタゴニアにとって関内店は聖地。いいお客さまがたくさんついておられる。多分日本で一番いい場所だと、私は思う。関内、というか日本大通り。

1%FTPを一緒にやり始めたNFのダグも亡くなって、一人になったイヴォンだけれど、その存在感はすごい、売り上げ規模も日本の最大手のセレクトショップ並みのもの。こだわり続けた品質、こだわり続けた環境問題対応が支持されて、ここまできた。尊敬というブランドでは世界最上位にある、あらゆる企業の中でも。つまりリスペクトという言葉が最も相応しいな。売り上げ規模以上の「遥」な価値があるブランドになった。

 

投稿日: 1月 28, 2023

ヤタロウ’ズ グラノーラ

カテゴリー: おいしい, アルチザンな人たち

必ず掛け分けて食べる、やたろうさんちのグラノーラ、美味しいよね。この始まりはお客さんにお教えいただいて始まった。美味しさはかわらない、食べたもので体は作られる。慎重にえらぶ一食。グラノーラはヤタロウ’ズ。

投稿日: 1月 28, 2023

とこなめのきゅうす

カテゴリー: 和魂洋才, 私が選ぶスタンダード, 街物語, 開物成務

僕らは常滑の急須を推す、まず第一に。それはこの店が始まって間もない頃、まだお客さまもそんなに多くはない頃に、この常滑の産地の方々から提供されている急須によって、お客さまが増えて行ったからです。恩義があるのです。僕らはそれをずっとわすれたことはありません。

何よりも常滑の人たちはみなさんあたかかい、これほど産地全体でそれを感じることはありません。急須というものを中心にして、それがよくなることに一生懸命であることを感じます。

だから、大和茶、出雲茶、伊勢茶とともに常滑の急須はうちにとって絶対の必須条件、それはこの店のある限り変わることはありません。それらはすべて、ほんとうにすぐれているほんものだからです。

写真の急須たちは完売

投稿日: 1月 26, 2023

シュークリームとおしゃれ

カテゴリー: 私が選ぶスタンダード
インド紅茶 アッサム地方で生産される。茶葉はCTC製法(Crush・潰す Tear・引き裂く Curl・丸める)という工程で作られている略となります。僕はダージリンと同じようにストレートで飲むことが多い。SAN-CHA(サンチャ)ブランドのインド紅茶はプロの方が指名するほどの美味しい紅茶としてずっとMWLの棚には在ります。
今日のこと。ウエストさんのシュークリームが好きで、用事で横浜駅の高島屋さんに行くことがあったので、今日も電話で在庫を確認の上お邪魔しようとしたら、その時点であと二つになります。と言われ、お願いしました。店頭で無くなるものの新鮮さの日々っていうのは食の基本なのですね。
これこれ、いつも入っている「風の詩」なんと今回は「おしゃれ」というテーマ、僭越ながら書かれている内容は僕がいつも思う、お洒落の言葉になっていて、やはりこのように思っておられる方がいるんだと、読み終えて涙がポロリ。。。
右は坂本さんのところにルーカスの自転車ツアーで行った時に自分で掛け分けた皿です。左は本家、牛ノ戸焼きのリーチ倣い(ならい)のマグです。久しぶりの登場ですが、いいですねやはり。みどりの色が秀逸。ルーツオブ民藝です。うちの大事なアーカイヴス。