Posted on 12月 05, 2020

関西学生アメリカンフットボールリーグ

Posted in Liberal Arts

11月末に決まっていたのですが、リアルでは見れなくて録画していたのを見ました。近年稀に見る好勝負でした、手に汗握る。今年は4年生たちにとって特別な年になりました。それでも連盟はよく試合をさせてくれました。しばらくは無観客試合でスタートしていました。この関西決勝も関係者だけですかね基本、普段なら関西最高の学生スポーツの頂点ですからもっと入ります。関西ではアメリカンはとても人気ありますから。

残り時間3秒ですよ、3秒、負けているKG それがこのフイールドゴールで逆転して優勝。立ちゃんの子たちを思うと切ないです。
結果はこういうことで、まあ昔にもありましてね、たびたびこういう試合が、伝統ですよ。
奥野くん3番、QBです、高等部の頃からKGらしいQBとして注目されていました。大学2年の甲子園では最優秀選手のミルズ杯。もう最終学年の4回生ですわ。一生に残る思い出を自分の手で作りましたね。その横の4番は、コンビのワイドレシーバーの鈴木くん、このコンビで最後に2分ほどでロングパス2本で勝ちました。なんと鈴木くんは横浜南陵高校のアメリカンの出身、いいレシーバーです。最もお互いあってのコンビです。練習もあまり出来ない今年に結果が出ました。二人で勝利をもぎとりました。こんな年だから思い出に残ります。やっぱり学生スポーツはいいですね。

Posted on 12月 04, 2020

クリスマスにはフランス紅茶を

Posted in アルチザンな人たち

僕は実はこの紅茶が一番クリスマスらしいなと思っています。フレーバーを編集ミックスされた人の感性がとても良いと思いました。初めて知った時からずっと好きです。「ラサ・サヤン」赤いフルーツと花々で飾った「ラサ・サヤン」は、エキゾチックな現地の言葉で「愛する気持ち」

冬を楽しむためにある紅茶、ヴァニラ、キャラメル、カカオの味がたっぷり、フランスらしい味わい。
本物のショコラとアーモンド、そしてなんとオレンジ、らしいですね、この時期です。
私は年中ほぼ毎日パイナップルを食します、ビタミンCをとりたいからです。それぐらいパイナップルが好き。そしてこれが「パイナップルの紅茶」Happyな味がします。ちゃんとパイナップルが入っているのはもちろん、マンゴーとメロンも、トロピカルな果物の競演ですね。
パリで最もクリエイティブでスノッブなリヴ・ゴーシュ、つまり左岸エリア。それを想起させるアール・グレイ。ダージリンのセカンドフラッシュ、アッサム、スリランカと紅茶の名産地の茶葉を選定しています。それに天然オーガニックの香料を使用し、軽いけれど記憶に残るベルガモットの香りで仕上げています。

繊細な味、香り。

Posted on 12月 04, 2020

ラササヤン

Posted in Liberal Arts

HONG KONG NIGHT SIGHT 作詞:松任谷由美 作曲:松任谷正隆 1977年の秋に発売された正隆さんの最初にして最後のアルバムに収録が初回、その後「水の中のアジアへ」でユーミンが歌った。このミニアルバムはユーミンにとって特別なものだった、大連慕情という曲は私自身の父の記憶からも共感できる。そのようなことを言っていましたから、大連と言う言葉はよく父から出ていました。そして着物からして荒井呉服店肝入りのものだったろう、今見てもその素敵さが輝いてかわいいユーミンがいる、とってもセンスいい着物でこの年代にしか着れない着物です、着物ってそれがありますからね、それがいいんですけどね。このアルバムの発表前の前年に二人は横浜のグランドホテルで結婚式を挙げています。横浜好きな二人。レコードでの発売で、中も外も絵的に素晴らしいアルバムだった。作曲が正隆さんというのが珍しい、ずっとほぼ編曲に徹しているからです。それにしてもユーミンの言葉表現力ってのはすごいですね。返還前の香港には10度ほど行っています。返還後は行けていないですねどういうわけか。ペニンシュラの当時一階にあったスプリングムーンがとてもお気に入りでした。スージー・ウォンですよ。

いい歌です。これは珍しい、スタジオライブですね、貴重です。ラササヤン

宝塚の基礎は素晴らしいです。

古い記憶から

Posted on 12月 03, 2020

Les Prairies atelier asako さん、亜紗子先生のクリスマスツリー。

Posted in Made With Love, アルチザンな人たち

亜紗子先生にお願いして作っていただきましたツリー、生ですよ。時間が経つとこれがドライに、それもいいなぁ。大きさもこれぐらいでいいです。どこにでも置けます。もう素敵すぎますね。 https://atelierasako.com

この草ちゃんのランプとの相性も良さそうですよ。

これは天井からぶら下げたもの、下からも上からも、そしてランプと。いいでしょ、揃いましたね。楽しい夜を過ごしましょう。

Posted on 12月 03, 2020

HOKA ONEONE

Posted in ディレクター私物
くたびれた感じですが、ホカ オネオネと読みます。足入れがほんと良くって、最初は厚底がなんかどうなのって感じだったのですが、今となってはこれでなきゃです。さすがに履きすぎて、きちゃってます。のでもう一足と思っていたら、先日、お店に立っていますと、ご来店いただいたお嬢さまがアーモンドミルクの色の数々の業界賞に輝くクリフトン7を、ワンピースと足元には見えないソックスでこなしてましてね、お洒落だったなぁ、いいなぁーと、思わずマネしてしまい、購入しました。いずれアップ。こんないい靴が出てくるとナイキが販路を絞り出すという危機感がわかります。自分も、もうナイキもNBも永く買っていないなぁ、onとオネオネでしょもっぱら。

Posted on 12月 03, 2020

黒パンサンド。

Posted in Made With Love

さっそく作ってみましたよ。昨日の中身から、竹炭入りデトックスパンにはペーパースカイの白い紙飛行機のマークがありますからこの方向で撮っています。ハムも平飼いの卵も阿蘇タカナードもパンに塗り込んでね、美味しくて。素晴らしいサンドイッチとなりました。ムフフ

やさしい甘さの美味しいみかん、パンの手前側に薄く、ペーパースカイのマークが白くあります。
ハム美味しくって。
いつもは京都山崎のサントリー党なのですが、、、今日はグリーンラベル。実はグリーンレーベルの方がブランドは古いのです。オフィスが表参道の京セラビルにあった頃、すぐ裏にキリンさんのビルがあったので、グリーンラベルが出てきたのを覚えています。へー、ラベルと読ますかぁってね。そして最近出てきたブリジストンさんの自転車のグリーンレーベル、街乗りっていうところがいいですね。三社でコラボできれば面白いですね、春のイメージでね、22年春になるね、出来ても。
旅する雑誌「ペーパースカイ」今だから、その視点は尊い。リニューアルしてほんとうに、さらに良くなった。登場する人物たちの素晴らしさよ。とても参考になります。是非ご購読をおススメします。毎月発行じゃないのがいいでしょ。こんな本は無いよ今はもう。ロゴ下の世界地図シンボリックがかわいい。今や尊い紙媒体です。

Posted on 12月 03, 2020

オリジナルの茎ほうじ茶

Posted in Made With Love
リセンヌ乙女がトレードマークです。同じ商品ですが、左が茎ほうじそのまま、右は茎ほうじのティーバッグ
とっても美味しいです、西さんのお父さまが焙煎されています。これが長年のコツの世界。
紅茶もお茶も、学名はカメリアシネンシスという種類の茶の木、そこからさらに別れて行きますが。元は同じ茶の木。だから微妙な大小はあれど体に良いのは同じこと。緑茶、紅茶、烏龍茶。