Posted on 1月 26, 2021

二兎を追う戦略が未来を切り拓く「両利きの経営」

Posted in DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA

2年前の本ですが、ここに来て評価が高い。不確実性の高い時代のスタンダードな思考になりそうです。

オライリー教授の言葉から
「両利きの経営」の秘けつは、本業の中から新規事業にうまく応用できる技術や能力を見極めることです。“ターゲットを絞った多角化”とも言えます。自前の技術を生かさずにほかの事業に投資したり、買収したりするのは生産的ではありません。それはバブル期に多くの日本企業が陥った状況です。新型コロナウイルスは多くの企業に影響を与えていて、発想を変えたり、より革新的になったりするよう求められています。コロナ時代に『両利きの経営』はより必要になると思います。指導者はまず、実用的で深い専門知識を持って組織をもっともっとよくしようとする姿勢が求められる。さらに、より長期的な視点を持って水平線の先まで見通し、リスクをいとわないことも必要です。この2つが同時にできるかが重要です。そのうえで本業と新規事業という全く違うものを同時に走らせることに伴う“葛藤”に耐えられる指導者が必要です。カリスマ的な華やかさがある人はいりません。会社を活性化させ、社員の心や思いをひきつけられるリーダーが必要なのです。

コロナ禍で閉塞感が一段と高まっている中、深い思考を行ったうえで果敢に挑戦していくことの大切さです。まずは自分の会社の本当の強みは何なのか、しっかりと見極める。そのうえで従業員を巻き込みながら新たな事業を積極的に行っていくことにあります。これは結論できます。

Design Research Unit Office MWL

Posted on 1月 26, 2021

ドラッカー

Posted in Think.

ここに来て思うのは、このドラッカーの言葉。「利益は目的ではない。継続の条件である。」小さな商店主にはこの言葉は効く。はたとそう思った。しかし、大きな会社にこそ今この言葉が響いているはずだ、少なくとも社長には。多分普段だと漠然としてわからなかったろう、大きな組織の中に埋もれていると。ここには知見のアドバイスが豊富にある、ドラッカーは最近、古いと言われていたが、なんの、この時代を生き抜くには、これらの知見と知恵がとても参考になる。継続することの難しさですね。平常時ならなんでもなかったはずのことが。。。面白い、今一度ドラッカー戻りをお勧め。

Posted on 1月 26, 2021

ムッシュの朝定

Posted in ムッシュの朝定

大泉さんの今のCMのずっと前からヤクルトにご縁のある伊東四朗さん、この手洗いの大騒ぎの前からずっと、伊東さんが出演されての「うがい・手洗い・ヤクルト」という言葉をヤクルトさんは言い続けていました。なぜ伊東さんなのでしょう、大泉さんならわかりますよね、なんとなく、今はね、でもね、タフマンなのですよ、伊東さんはその頃からのこととしてのヤクルトさんは筋を通しているのですね。タフマンの伊東さん、それがおじいちゃんのヤクルトへと。家族で飲むヤクルトへ。その頃はインフルエンザの予防を目的としてのことだったのですね。この今の大騒ぎの前から東急ストア根岸駅前店のヤクルトのブースの前にもポスターがありましてね。その言葉はずっと記憶に残って。それとヨーロッパの各都市のスーパーには不思議なくらいに必ずヤクルトがありますよね。それが当時ね、ヤクルトってすごいなぁって、思った、だから球団持てるんだって。もちろん日本のブランドなのですよ。特保なんて言葉が生まれる前から、毎日届けることの難しさを実践されていますね。

習慣は力なり、知は力なり、フランシス・ベーコン 左利き。

Posted on 1月 26, 2021

春隣

Posted in Liberal Arts

春隣(はるとなり) 「すぐそこまで春が来ている」という意味の、暖かい季節への期待が感じられる言葉です。

フランス山からマリンタワー、みなとみらいのインターコンチも見えてます。今はいい天気ですが今日は曇りで夜から明日は雨模様。大好きな「14番目の月」の月が見れませんね横浜からは、、、

Posted on 1月 25, 2021

みなとみらい、ゴンドラリフトの試運転始まる。

Posted in A) My City by The Bay YOKOHAMA, THE 神奈川

噂を聞きつけ、どうしても見たくて。みなとみらいからチャイナタウン散歩です。あったかかった、春を感じました、みなとみらいから。

きっと乗った時の景色がバツグンにいいですよ、想像できるもの。
横浜港の水は案外綺麗なのだ。
すごいなこんな近い距離で動くんだ、スキー場みたい。
ムフフ
ワールドポーターズ側の降り口、工事中、3月かな。
こういうのもあります。
右がお世話になっています MARINE & WALK 左がハンマーヘッド、ゴンドラで俄然アクセス良くなります。あのサークルの歩道橋にも上り降りのエスカレーターが工事中で、便利になります。
ウェーい。
ハンマーヘッドの根元から
真っ青な空もいいけど、こういうちょっと雲がある感じも絵的には良いですね。
東京湾国防の要 遠くに、よこはまベイブリッジを望。
中華街の人出もまばら、石川町から歩いた。
チャイナタウンを歌った歌で一番はこれです。矢沢さんは横浜からスタートした。なんかすごく思いを感じる。いい詩です。
本日の目的はこれのテイクアウト 晩飯に
売り切れること多いです。
#続リモラブ #kojimambo #あさちゃんが来たら連れて行くところ

Posted on 1月 25, 2021

Good Day Sunshine

Posted in ムッシュの朝定

去年の暖冬からうってかわって昔のような厳しい冬の今年。でも本格的な寒波もあと一度くらい、しかもそれが今週末とのことですよ。それが明けると春の始まりです。もうしばらく我慢ですね。STAY SAFE -avoid crowded areas-

ヤタロウ’ズ グラノーラ ヨーグルト 滋養が多く体に良いバナナ

Posted on 1月 24, 2021

谷川 仁の金色に輝く絞り出し。

Posted in アルチザンな人たち

時代は煎茶であります。先日の若冲のドラマ(作:源孝志、京都人の密かな愉しみ、の)で売茶翁(ばいちゃおう)が出てくる場面があり、そればかりが気になってしまった。実在した人なのだ。時事を話ししながら茶を売るのだ、しかもおもてで外だ。しつらえのぜいを凝らした茶室じゃなく、その都度自然の中にそれを求めて。そこだな今、面白いと思ったのは、これは今もできる、というか、今だからこそいいなと。茶だ。

乾燥させた小甘藻(こあまも)を巻き付けて焼成して作るのだ。藻に含まれる塩分が作用した部分が赤褐色に発色する、そしてなんと藻は金色になるのだ。常滑の伝統的な手法であるが特に谷川さんはそれまでの常滑の歴史的過去、現在を含めて一番お上手な人だ、芸術性がとても高い。

金色だ金色、不思議だねぇ。なぜ自然なものの燃焼が金になる?僕が藻掛けにこだわる理由はそこですね。本当に谷川さんはすごい。価格を見て驚いて欲しいな。

MWLが厳選する谷川仁のオンラインショップ

Posted on 1月 22, 2021

奇跡のレッスン・ジャン ポール・エヴァン

Posted in アルチザンな人たち

BS1 NHK 奇跡のレッスン ジャン=ポール・エヴァンさんのレッスンの再放送があり、初回はちょうど一年前でした。それがとても良いのです。パティシエを目指す高校生たちにエヴァンさんが特別にレッスンしているわけですが。「チョコレート使いの神」からの直伝レッスンは、多分何十年も経ってから、思い出して、やはりあの夢中で過ごした素晴らしかった日々として、高校生たち、ご自分たちに記憶されるでしょう。そんなチャンスは人生に2度とはないし、パティシエを目指す人たちだから、ひょっとしたら、この原体験を元に、大成功を収める人がいるかもしれない、日本の有名なパティシエになる人が出てくるかもしれない。それをこの時の事がターニングポイントだったと言えるようになるのかも知れません。それぐらいに内容は良かった。エヴァンさんの人柄から出る、一つ一つの言葉はクリエイター、全てのクリエイターにとっても珠玉の言葉でした。見ていてそう思いましたね。エヴァンさん自身も高校生たちの直向(ひたむ)きな純粋さに涙する場面が何度かありましたから。このレッスンは参加した高校生の彼ら自身が見て、そして何十年も経ってから思い起こして、貴重なものになるように思いました。エヴァンさんが言った一つ一つの言葉を何十年もかけて噛みしめるというか、そういうこと。人を感動させるのも人なのです。エヴァンさんのチョコレートが無性に食べたくなり。横浜には常設の売り場は無いのです(どうして!)今は三越伊勢丹がないからですね、クイーンズはあっても。。。でもバレンタインの催事ではブースが出るみたいです、横浜駅のどこかに、そこで買おう、しばらく東京に行くことも難しいようですから。現物見て買いたいタチなのです。