投稿日: 1月 23, 2022

大人の中庸のプレミアム

カテゴリー: DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA, Philosophy, 気になるもの。

大人の中庸のプレミアムにリブランディング中のJ-CREW、極端に価格シフトは必要ない、それよりもいいものであるかだ、いいものとは品質だけでなく、発信力やストーリー、イメージ、センス、そして一番大事なのが思想だ。色んな多岐にわたるフレーバーのこと、当然のことながら簡単ではない、誰にでもできることでない、限られたブランドだけだ。高い価格ならいい素材といいデザイナーをひっぱってくればできる、そうじゃないところに魅力があるストーリーを作るってことさ。中庸のプレミアム。それも大人版だ。

投稿日: 1月 21, 2022

大人のプレミアム

カテゴリー: DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA

大人のプレミアムな服が圧倒的に欠けている、買い場がね。ない、セレクトにしても若い。ほとんどのその時代の卒業した人たちも入らない、若すぎるからだ。でもそれでないとセレクトも売れない、世代間は超えれないからね。22FWのランウエイ見てると、唯一そういうのに対応したなと思ったのがヨウジヤマモトだった。松重さんがよく似合っている、トオルも。これを中庸でいいからプレミアムで表現できるところがあると思う、指揮者のセンスだけどね。ヨウジがいいのはわかった。大人の買い場がないんだよね、百貨店に行かないしね、食品しか。食品は対応できているのに、服は出来ていないんだ、フロア全体を見る人の問題なんだな。大人のプレミアムの表現はいろんなものに出来る、対象人口は莫大にいる、若い世代の倍ちかい。ほっておくのもったいない、最後はいい服着たいよ、きっと。価格じゃなくてね。安すぎる必要もない、環境対応はしなきゃいけないからね。そこら中にあるものでもないし。なんとかしないとね。

ヨウジ22FW・インスタリポスト

投稿日: 12月 20, 2021

Manchester Modernist

カテゴリー: DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA

オールウッドロード中等モダンスクール。1955-1956年の間に撮影されている、外装、地理教室、その見事な寄木細工のフローリングが施された学校の食堂エリアって何だろう。建築的に学校はマンチェスターシティの建築家、レオナルド・C・ハウイットの仕事になる可能性が最も高かった。

モダニズムの基礎の輪郭。

DESIGN RESEARCH UNIT MWL YOKOHAMA

投稿日: 10月 04, 2021

今回の二つ目の目的

カテゴリー: DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA, 街物語

朝イチで飛び込みました。奈良線に乗り換えて宇治ですな、宇治といえど今日はお茶ではなくて。

面積あたりの国宝の多さの比率日本一、世界遺産平等院です。鳳凰がたまごを産んだというアートが奉納されたと聞きまして、見て来ました。とてもモダンな平等院。手入れが行き届いています。誰もいないからこれまた。静かにじっくり過ごせました。疫病退散の21年を起点とする奉納だと言いますから素晴らしいです、その内容が。鳳凰が舞い降りる日本。
近場の小学校の校外学習なのかな、先生ではなくて、添乗員さんです、聞き入ってしまいました平等院の説明に。あとついて行きたかった。懐かしい、小学校の時にやはり遠足できた記憶があります。定番なのですけれどこれだけすごいものだということをずっとずっと後になって知る。今度は大人の遠足一人旅で来てしまいました。

投稿日: 10月 04, 2021

今回の三つ目の目的

カテゴリー: DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA, 街物語

今回の三つ目の目的はこれです。若冲と応挙と言えば相国寺です。

お寺さんがなぜここまでにアートにかかわるか、、、、…….わかるようでわからん謎だ自分には。ま、だからこうして素晴らしく残っているのですけどね。若冲の葡萄はやばいな。鶏が普通だけど俺には葡萄のタッチだな、静かに一人で見入っていました。

それにつけても相国寺のお庭の美しさよ。規模が大きくて…..青紅葉が好きなもので紅葉が始まる前の静寂に是非訪れたいと。一人旅にして静寂なる京よ。
まだ、あお紅葉です、それがいいのです。京都のビッグネームのお寺さんは手入れが本当に行き届いていて、どこを切り取ってもアートの世界、芸術です、生きる。

投稿日: 10月 04, 2021

node hotel kyoto

カテゴリー: DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA, 街物語

今日泊まっているのはデザインホテル、最近とてもたくさんのホテルが京都に出来ていて魅力的なものが多い。中でも気になっていた。デザインというよりもアートホテルと言える、ホテルがそうおっしゃっておられる通りにアートだ。一番狭い部屋に泊まっているが、快適だ。沢山を言っても仕方ないので言いませんが、まず泊まることですホテルは。いいホテルは自分の視点を何倍にもしてくれる、それは価格ではない、昔は価格だったが今はそうではない。でも2年ほど前に創業されて、大変な2年を過ごされていると思う、本当に。開業してすぐこれが来ている、インバウンドの人たちも好きだと思うのだがそれが皆無なのだから想像するのも恐ろしいことです。京都は観光客で成り立つ都市です。街の財政も。産業こそが街を守り存続させるわけですからね。早くそういう時期になってインバウンドの方々にもお戻りいただきたいものです。

僕は好きですね。

投稿日: 10月 03, 2021

Modern Wood

カテゴリー: DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA
決して高い費用をかけていない、センスのフレーバー。コンクリートの板目むき出しもいいな。
このリビングテーブルの大きなムク板はバランスとるのにいいです、ずっと合板じゃなくてね。やはり一つ一つの選びがいい、どうしてもどこかでみた、コーディネーターのスタイルになりがちになっていないのがいい。
やはり西海岸系のミッドセンチュリーの要素の影響が濃くて、ランプなどにも現れる。
このベッドルームの壁の素材もいいです。

投稿日: 10月 01, 2021

量を求める時代ではなくなった。

カテゴリー: DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA
しゅうしゅうと読みます、単純にものを集めることです、そもそもひらたいはずだけど

人として生きてきた足跡を残す、個人、団体のお手伝いします。儚いことが現実になり、日々そのページが積み上げられている。自分の足跡になる、今までとこれからに。まず始めて見ること。そこから生まれてくるし、道はできる。誰しもそうだ。

リーズナブルなのだけれどもチープではない、この思想が大事なのだけれどな、それを腹落ちさせて作っているのかだ。まずはそこら辺(あたり)のことから話してみましょうか。