Posted on 9月 23, 2021

ウエスティン横浜

Posted in DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA

いつも通る時に気になっていた、みなとみらい地区1番のデザインビルじゃないのって。どこのビル?かっこいいーって。BMの向かいですよ。なんとウエスティンであることが判明、マリオットの高級版で、これ全部が宿泊施設という、下には商業施設も入る。ビルデザインとしてはミース風のいいデザイン、下の商業施設であろう部分との立体交差なデザインと、各階の突き出たひさしがいい。やっとみなとみらいにもいいデザインが。そしてホテルの部屋数はなんと373室、それにマリオットの別ブランドで長期滞在型対応のホテル201室があるそうです、ホノルルにあるあれですよ。当然、商業施設、レストラン、結婚式場などが併設。いきなり横浜のトップグレードホテルに位置づけされます。マリオットだからアメリカ系の顧客を呼び込むことができますね、これが大きい。横浜が遅れていた欧米インバウンドの取り込みがやっと進んで行きそうです。林さんが残された優れた部分の遺産だと思います。このあたりの市役所一帯のみなとみらい街区に魅力や活気ができ、ロープウェイも活きて来ることになるのかな。そして元町界隈にも出てきて欲しいものです。横浜の未来はこれからです。関係ないけどホノルル行きたい。。。。。。ああ、来年5月の開業予定だそうです、楽しみが増えましたね。

街がつくられる、横浜の街が。
まさしくミース風ではごじゃらんか、立面見るとそう思うな。こういうビル好き。オーナーはセキス-イ〜ハウスゥ♪ で設計:日本設計の竹中が施工です。ミース好きが揃ってますよ。

Posted on 7月 07, 2021

New Traditional

Posted in DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA

日本で言うニュートラという解釈よりももっとトラディショナルで日本人がなかなか出来ない着合わせ。上はニューヨーク、下はパリの街角の素人さんであります。

どこがトラかと言えば、ネイビーチノーズのショーパンが少し膝上まで長いこと、レザーのベルトにブラスの留め。こういう男前な着合わせはなかなか見ない。
どこがトラかといえばスクエアの裾のニットツィードジャケットにデニム、攻めすぎていないミドルのパンプスだろう、しかもベージュで切り替えのあるデザインも。さらに金ボタン。

参考の資料であり、時系列の資料としてフォームが作りやすいので個人の資料として作成、、いずれ削除。

Posted on 12月 23, 2020

ディーター・ラムス展

Posted in DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA, LESS IS MORE

伊勢丹の2階で、場所も結構広くとってディーター・ラムスのデザイン展です。時計と計算機ぐらいしか販売できるものは無いのですがね。。。でもよかった、ラムスにとらわれているものにとってはね。写真はオッケーでした。

フォルクスワーゲンのデザインが好きなのは、AUDI でもBMWでもなくて フォルクスワーゲンというデザインが好きなのは、原点こういうところから来ているからなのかも知れません。つまりバウハウスのデザインが好きで、いまだにクルマでバウハウスの視点を感じさせるのはVWだけかな、もちろん個人の感想ですが。テールランプとかサーフライン、とかににね、ゴルフとパサート、ポロに顕著ですよね、自動車メーカーの中でも唯一、バウハウスの思想をVWのデザイナーも意識していると思うのですよ、って言うか背負っている。そして最新のID3やID4(2023年に日本導入)すらそれを感じてしまうのですが。ま、個人の感想ではございますが。
写真はあったが今回展示のなかったVITSOE 。MWLの壁面収納は全てVITSOEです。日本に代理店は無いので英国へダイレクトに発注しなければならない。つまりD2C
バウハウスの思想に準ずる、Less and More 。こんなキッチンで暮らしたいなぁ。。。

Posted on 8月 11, 2019

URBANEARS

Posted in DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA
ヘッドホンはさすがに暑くて、これはね布なのですよ、生地を巻いてる、色がネイビーで、10年以上前のもの、でも気に入っていて、インディゴブルーの布や全体の色、布のコードって絡みにくくってストレスありません。耳の穴にかけるだけなので装着感も涼しさも。今はもう廃番で新世代に変わっていますけど。

Posted on 8月 01, 2019

松屋はデザイン

Posted in DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA
定点観測の対象 松屋のリビング ここがあるからデザインは救われる。
森正洋は美しい、MWL開業から一度も在庫を欠かしたことのない商品って、これだけだろう。
森さんのしょうゆ差し
造形デザインで最も尊敬するのはこの子です。
有斐閣の昔からのデザインも好きだけれど、やはりこれが売れる、デザインってそこですよね。
田中一光っていう人です神だな
キタトシユキさんのランプ。喜多さんのカッシーナのウィンクチェアは今また斬新な感じがするなぁ。カッシーナ、おかっしーなって

DESIGN RESEARCH UNIT / MWL STORE