Posted on 7月 07, 2020

元町の日本料理・「仁」さん。

Posted in Made With Love, THE 神奈川

日曜日のお店を終えて、四周年の記念に。お世話になってます、元町の類稀なる日本料理店「仁」さんへ、静かに行ってまいりました。

どれをとっても素晴らしいのですが、この鯛めしは凄かった、余計な言葉なしにもう。富山の特別純米・生酒 RZ (アールゼット) 旨辛口。これがまたいい。RZってどうしてそんな名前なんだろう、、、RZがとんでもなく好きな人なのかな、あぁ昔のヤマハのバイクですけどね、ヤマハ史上最高の。R6もかな。わかんないまだ、なぜRZなのか。
なんとこんな素敵なことも、、、抹茶アイス! この抹茶はなんとなんとティーファーム井ノ倉さんのものを使った自家製!美味しいです。センスのいい表現だこと。ほんとうにありがとうございます。とても思い出深い記念になりました。

Made With Love

Posted on 7月 03, 2020

金属作家・田中俊介

Posted in Made With Love, お取り扱い商品

金属作家:田中俊介さんの作品:両手鍋「ふたば」40,000円(税別)サイズ:取手を含む場合の幅 約210mm 高さ約155mm 取手を含まない場合の幅 約160mm 高さ約120mm  すこし小さめの鍋になります。

銅は熱伝導率が高く、食材にムラなくじっくり熱をかけ、旨味をまんべんなく行き渡らせ、料理の具を崩さず美味しく仕上げてくれます。煮込み料理やスープ料理に最適です。野菜などを茹でると色鮮やかに仕上がり、豆などの煮物もいい色つやが出ます。

なんという佇まい すべてをタタキあげる。それゆえの愛着のある造形。
ツマミが「ふたば」です。粋(いき)です。
取手の形状もしかり。
魂は詳細に宿るという逸品の芸術。
途方もない手間と経験に裏打ちされている。日本の技。なのに古めかしい形になっていなくて。そこが田中さんの真骨頂。
ふたば
何十年もずっと一緒にいることになりますね。おいしいの傍に。
とにかく、美しい 使うための道具が「美」をはなっています。
洒落のきいた、つかみの部分
「俊」
入魂の鍋であります。
アートですね
反対側 日常に、使ってこその道具であります。美味しいをいただくための。
お馴染みの真鍮のシリーズも揃います。ちょっと付け加えることでテーブルが感性豊かなものに。
人気の匙(さじ) コーヒーから茶さじ、調味料など、食卓を彩る要素は多彩です。日本ですべてが手作りです。ずっと安定した人気があります。

バイング フロム アルチザン

Posted on 6月 21, 2020

4周年記念

Posted in Made With Love

この6月で開業して丸っと4年が経ちました。この大変な時期の日々で、よくぞここまでと言う感じです。ひとえに、お馴染みさま、お客さま、お取引先さま、ご近所さま、そしてスタッフのみなさん、のお陰でございます。ありがとうございます。いつもの京都徳力版画さんのご協力によりお作りいただいていますメモの入った「十八番・おはこ」今度の木曜日から3千円以上お買い上げいただいたお客さまにお渡しさせていただきます。さあ五年目の節目の年は、どんどん行きますよ。MWL STORE 店主敬白

Posted on 1月 15, 2020

魂は細部に宿る

Posted in Made With Love
ピシッとした、漆の境界線が美しい、熟練と修練と根気の要る過程
丁寧に作られている
都会的な裏の表情
ふきうるしの工程の大変さ、5回、なんともまぁ、それを知ると全てのものが愛おしくて仕方ない、本当に美しい詳細を知ることになる、薄くて品格があり、綺麗な表面、丁寧な仕事
絶妙な色になっていますよ。手に当たる感触のいいこと。
これに食べ物が乗ってくると本当にいいのです、サラダとかね、スープでもいい。
神経質な底の佇まい。
エッジの立ちが美しい、ほっこりさせない。神じゃなくて、魂だな。

Mujina 木工房の個展より 「価格を超えた価値」 MWL STORE

Posted on 1月 10, 2020

尾池 豪 個展

Posted in Made With Love, THE 神奈川, 街物語

大好評でスタートしました。そして本日・土曜は作家さんの在店日になります。

11月の安土草多氏を皮切りに怒涛のスタートを切った、MWL・ハンドメイドサーキット。「ガラス、布、土、木」日本の優れた手の展示会の最終、「とり」を努めていただいています。本当に優れたセンスの達人ばかりに出ていただいてますこと、作家の皆様に感謝御礼の言葉もありません。また、企画展に敏感に反応いただいています、お客様、本当にありがとうございます。これからも自分たちが本当にいい、自分たちが使い続ける、優れた手の芸術だけを企画展として扱わさせていただきます。感謝です、みなさまに。

さすが建築家!と思ったアイテムこれは個人的にとても好きでした。3個入ってきて残りが1個です。(完売しました1/11日)
マイベスト、見たら惚れます。
ほっこりしそうなのにほっこりしていない、詳細へのこだわりをとても感じます、角、とか取っ手ね。軽すぎずに存在感がしっかりある、何よりもこの色がいいです。
これはまだ少しあります、これも存在がいい。とにかく色に愛着を感じる。モダンがあります。

Posted on 1月 09, 2020

Mujina 木工房 個展

Posted in Made With Love, THE 神奈川, 街物語

いよいよ本日から始まります。尾池 豪さんの個展。都会性のあるウッドライフっていうのでしょうか、神奈川で創っているからこそ到達できる表現というのがありますよね。神奈川って広い、北から南まで、その北の部分、東京のベッドタウンとして大都会・日本の成長を支えてきた街にある感性豊かな空気感を感じているからこそ表現、到達できるスタイルがあると思っています。それは服よりもライフスタイルに顕著に現れてくるように、青葉台などの三世代がミックスされている豊かな処を見ていると思ってしまいます。親が作った街の土台を子が成長させて、孫が新しいものに進化させて、街物語がバージョンを上げている。東京と隣接する街特有の神奈川の北だけが持つ雰囲気スタイルっていうのかな。そんな感じのする木の作品です、ご覧ください。