Posted on 11月 30, 2019

安土 草多 個展

Posted in Liberal Arts

ゆらぎ・ぬくもりのガラス展は続きます。

スタンダードとも言える、光はたった10ワットなのに効果は大きい。
いろんな種類を持つと、こういうのも欲しくはなる、バブル。
緑のガラス、色付きのガラスは個展の時に出てきます。
上と同じ、残り少なくなりました。透明と並べると存在に目がいくようになります。
クラックの入ったランプ
上のもの、寄ってみるとこんな感じ、光の拡がりに意外性があります。
長いランプ、あるようでなかなかない。クリスマス。

Posted on 11月 30, 2019

HONDA CB1000R

Posted in Liberal Arts
実に美しいバイクですね、最近見た中では最も。1年半ほど前の発売ですが、それぐらい経ってきてちょうどよくなってきた、服でもありますね、1年寝かすってこと、買った時のシーズンじゃなくて次のシーズンにずらして着るってことです。デザインってそんなこと、その時だけの価値じゃなくてね。コンパクトなボディと運転姿勢の楽さがツーリングに向いています。とにかくあらゆる部分のパーツデザインと性能にバイク好きな開発者の思いが詰まっている、バイクが売れない時代、乗らない時代に稀有な存在であります。こういうネイキッドでありながらCBR1000RRのエンジンを搭載しています。バイクが売れない時代の価格政策のたまものでしょう。価値に対しての相対的な価格が安すぎる。ETCを組み込んだのもあります。これは工芸であり民藝だな。日本人はこんな優れた製品を造っている。

Posted on 11月 30, 2019

Le Paris des surréalistes

Posted in Liberal Arts

シュルレアリストのパリ・ガイド こういう視点のパリ・ガイドはおもしろい、出た時から気になっていて。単なる観光のガイドなどではなく、幻視のパリ散歩へ読者を誘おうというわけである。「その発祥地であるパリなくしては、シュルレアリスムは、理解されることも、感知されることもない」というアンリ・ベアールの言葉どおり、日々、パリの街を歩き、生活していた彼らシュルレアリストの感性のありかは、パリの街の風景とそこに醸成された《息づかい》と切っても切れぬ関係にあることをテーマにした本です。シュルレアリストにとって、パリの風景、歴史、地形、そこに流露する《息づかい》が何ゆえに誘惑の対象であったのか、彼らの感性と思考をたどった本と言えるでしょう。

シュルレアリスムとデカダンス 100年前のパリ。

Posted on 11月 26, 2019

on

Posted in Liberal Arts
スニーカーをスイスのonに変えよう!フェデラーが参画したから。ウエアはユニクロだけどどうするのかな、やがてはonになるのかな。onはいいなぁ、去年のドイツでのアウトドアショーでも面白いことやっていた。
若くポジな会社on、スニーカーをイノベーションしている。
ロジャーも投資したみたい、ならウエアもか?それともフェデラーの仲介でユニクロの資金が入るのか、いやこういう若くてクリエイティブな会社はそのまま独自で進んで欲しい。

Posted on 11月 24, 2019

ガラスの「ゆらぎ」は続きます。

Posted in Liberal Arts
鳥取民藝の祖、牛ノ戸との相性も。
益子の大塚さんとの相性も。
村山朋子さんのお皿とも相性はいい。
酒器もゆらぎのグラスで、人肌にスレバ旨いのであります。
特別な檜木の台(6,000円)をつけて廊下や窓ぎわに情緒を注入することも。。。
個人的にはこれが好き、線香花火の終わりの落ちるところのその最後の瞬間のところをイメージさせる、そのもう一瞬前の形のも少し丸いイメージを想起させるのも2ツほどあったのですが売れました、、、なんでもないのに〜あぁ〜泣けました。
バボー
ブルーデニム、呉須の色合いは本命の色。
ようこそおいでくださいました。
フェリスに続く、女学生通りが由縁のリセンヌ通り、一番横浜らしいイメージのところ。

MY HOME TOWN  MWL STORE.

Posted on 11月 22, 2019

情緒的な「あかり」をとどけてくれるランプ。

Posted in お取り扱い商品

ランプの機能はただ明るくするだけではないということを、ヨーロッパに出かけた時に何度も感じる。特に北欧地区。だいたいあちらの照明は煌々と明るくはなく、光の加減を意識して抑えていて情緒的に見える。特に部屋で多くの時間を過ごすことになる寒い時期や年末や年始の特別な人が集まることが多くなる時期の部屋においてのあかりの調節は、情緒ということを考えても光のトーンを抑えているように感じる。ガラスの表面が揺らぎ、そこを通ってくる「あかり」はえも言えぬ情緒的表情を、特にこの時期に感じさせる。ガラスそのものは冷たいのに、そこを通ってくる小さな光はいろんなところに反射を繰り返し、とても暖かく温もりが生まれていて、やさしいのだ。人はなぜあたたかい光が欲しいのだろうか、こころを温めてほしいからだと私は思って疑わない。見つめているとそんな光がこのランプたちにはある、ほっとする。二つとして同じものがない、創り手の心が一つ一つにこもった手創りのランプ、この「あかり」のかがやきはしばらく見つめていたい、そんな「あかり」なのだ。

MWL STORE