Posted on 10月 31, 2019

森正洋・陶磁器デザインの革新

Posted in Liberal Arts

2002年に行われた作品展の当時の東京国立近代美術館の冊子。これこそがその後の私に「セラミックスタンダード」の本を企画しようと思わせた、源流の一滴の美術展だった。栄久庵憲司さんの珠玉の「論」だった。この文章に震えるほど感じたのだ、当時からすでに世にあるデザインに密接に接していた自分にとって、高潔にして稀有な理論を展開していたから、そして森正洋を一般にわかりやすく表現していた本も一つもなかったから、これは出番ではないのかと思ったからだった。

Posted on 10月 29, 2019

エセルとアーネスト。

Posted in Liberal Arts
エセルとアーネストを見てきました。この子供がブリッグスさんそのもので、ご両親のお話ですね。
アニメーションで一番大好きで尊敬する作家ブリッグスさんの作品。
時間を大切に過ごそうと思いました。

Posted on 10月 29, 2019

ハタオト・HATAOTO

Posted in Liberal Arts

入荷は少し先になりますが。ハタオトハンカチのお取り扱いをさせていただきます。ハタオトハンカチは伝統的工芸品に指定されている秩父銘仙と同じ、ほぐし織りという技法で織った先染めの織物です。昔ながらの半木製織機で織っているので織物の耳をそのまま生かしています。麻が入っているので使い込むほどに柔らかさの中に適度なシャリが活きる、メンアサ独特の風合いになっていきます。1500円(税別)綿75%・麻25% 柄は大きいため、それぞれ個体差があります、店頭現物でご確認くださいませ。とても魅力的な製品です、大人にとって。

今回のヨーロッパ出張に持って行ってました。何度も使っていました。麻が入っていますので乾燥が早く、出張の洗いには適していて、夜洗って朝には乾いてますので、麻のシャリっとした感じは年中使っていたいと思っていましたのでこの75/25の配分は適性がいいです自分には。
なんと本日のイッピンで放映されます。ご本業の着物などが主体の取材であると思います。素敵ですね。

Posted on 10月 23, 2019

盤はお月さま。

Posted in Liberal Arts

今回イルムスの本店で一目惚れして購入したロイヤルコペンハーゲン。エスプレッソ用と書かれたC&S、なんのなんの煎茶のC&Sに最適じゃないですか。お皿のつまみがひゅっと飛び出した形なのですよ。ずーと憧れ続けるブランド極まれり。盤と組み合わせても”いとおもしろきかな”。和と洋をまぜまぜです。

帰国して最初に食べたいものはやはり鮨、そして鰹出汁といつも決まっていて、それにとらやの和生菓子。また帰国の飛行機の中でブルーレイに入れた「京都人の密かな愉しみ・月夜の告白」。これは本当にいいですよ、よくできています、その色々なストーリーが、一番かもしれません。その十六夜(いざよい)の月を待つ黒谷友香さん扮する芸妓・葉月が花街から眺めてつぶやくシーンとそのストーリーがやはりぼくは一番、もう何回見ているのかなぁ。9月の月よりも11月の月が高く出て、好きです。今年は京都で見たい。黒谷さんの京都弁はしっくり来るなぁ。。。
盤はお月さまみたいでしょ。日本人の心に響いてくる、洋にも和にも合う独自性になって、お店の用途にもピッタリです。帰国に立ち寄るそごうのとらや。盤との相性もとてもいいです。

Posted on 10月 22, 2019

歩きました。

Posted in Liberal Arts
時系列が前後しますコペンの前のパリの街をひたすら歩いてリサーチ、その距離は19日の一日でなんと20キロに達した。これに近い距離がロンドンより今日のコペンハーゲンまで連日、、脚が破壊されました。痛い足の裏が。。。おかげでいい出張になりました。

Posted on 10月 21, 2019

RADISSON COLLECTION COPENHAGEN

Posted in Liberal Arts
デザインにこだわる、美しいホテルを選びました。RADISSON COLLECTION COPENHAGEN 中央駅から近くチボリの横に宿泊です、ロビーにはデンマークの巨匠家具がふんだんに。デンマーク家具は自分が家具を学んだルーツです。だから懐かしい。スワンもエッグもルイス・ポールセンも。
外に食事に行って戻ってロビーのバーにて、カクテルに巨匠たちの名前がついています。なんともまあさすがです、僕は好きなバーナー・パントンのカクテルを、ピンクリップっていいます。
ヤコブセン、ウェグナー、ジェンセン、ヘニングセン なんともまぁすごいです。ラディソンならではですね。お好きな人にはたまりませんよね。

Posted on 10月 18, 2019

街物語

Posted in Liberal Arts
メリルボーンのトランク
いつも普通に良いです。コーディネートのセンスと提案のセンスが、街のいかしたショップの基本ですね。上質な街にいい接客をする店舗。街物語、大型店には出来にくいことであります。
メンズクロージングの今の時代性がある洒落どころをほぼ網羅しています。セレクト編集力がとても高い、クロージングの街ロンドンだから、しかもお店の土地背景が豊かだから成り立っています。こういう服の店やMONOCLEの店や素敵な食器を売るお店、洒落たバーやレストランで素敵は街物語になる、みんながそれぞれ頑張っています。いいなぁ。
alteaはとても好きなブランド、ほんとうにいいものしか作ってはいません。スカーフを見つけて思わず衝動買いです。お馬ちゃんが好きなもので。この冬活躍します。
こんな感じ、普通のラルディーニ