Posted on 7月 31, 2021

平形めし茶碗展は開催中③

Posted in アルチザンな人たち, 私が選ぶスタンダード
森さんは白い釉薬にこだわり、その表現手法が多く。白場の美、陶芸の作家というよりも、やはりデザイナーという方が相応しい、つまりアートスクール系のデザイナーがファッションとも言えるようなデザイン表現で新しい茶碗を生み出した、というわけ。
そこで地元とは言え白山陶器と出会っていて、そこもとても重要で。どちらがかけてもだめだっただろう。すぐ近くには有田や鍋島という権威みたいなものがあった、それゆえに叛逆の思想のモダニストとしての森正洋の思想や系統だったデザイン性が際立つ、形だけでなくて、釉薬への執念が見て取れてしまうのだ。デザインと色の重要な関係がそこにある。例えば白。美しい白が多い。これにはやられている。白に白を乗せてくるんだから。

Posted on 7月 31, 2021

この夏の人②

Posted in 気になるもの。
座っている椅子がいいです。パンツの柄の太さ、いいですね、ボールドでいこう人生。
髪の色とパンツの色、ビーサンの色。
サンダルに尽きる。
袖がいい。
靴とピーコートがいい、ピーコートのサイズとなんでもなさが。お馬ちゃん。

Posted on 7月 31, 2021

金継ぎ

Posted in リスペクト

金継ぎです。お店のお客さまのご依頼により、私どもで定期的に金継ぎのワークショップを開催いただいています、川端先生に金継ぎをしていただきました。なんとまぁ、美しく、一つの作品に生まれ変わりました。付加価値がついたような、ですよね、そんな時代になっています。

流石な技術とはこれを言います。

学びは人生を楽しくする、いくつになってもね。

Posted on 7月 30, 2021

平形めし茶碗展は開催中②

Posted in アルチザンな人たち, 私が選ぶスタンダード

とにかく模様の種類の多い平形めし茶碗。それがプリントように見えるのだが、違う、実は全て手描きなのである。よく考え抜かれたその模様は好きになるのにそのタイミングが移り変わって行く。私の今年の注目は「天目」漆黒に茶色のふちがある天目釉、森さんはどのように思ってこの天目にこだわったのだろうかと、なんと今年になって思ってしまった。。。あぁ昔に聴いておけばよかったのだが、まだ自分がその当時にそこまで到達していなかった、もっとわかりやすいものに魅力を感じていたからだ。

これだけの種類の釉薬をどれだけ研究されていたのだろう、一度は出るのだろうが、それをブレずに継続させるということ。微妙な色の継続、白山陶器の技術の継承がそれを支えている。

天目を表現するには、鉄質黒釉が使われていて、釉薬の中に含まれている鉄分によって黒く発色する。鉄分が多いと基本的には黒くなる、発祥は中国の天目山一体の寺院で用いられていた茶道具から来ている。いわゆる有名で高価な天目窯変茶碗などは、分量と焼の温度によって、繊細な変化を魅せる天目窯変を利用した特徴が、一個に一度しか見せない、変化を楽しんでいると言えるもので、焼きの奇跡とも言えて、コレクションピースにもなっている。これは日本において独特の進化というか変化をし、発達した。とても美しく貴重なものであります。天目の由来でした。

そう見ると、とても魅力的に見えて仕方ない、漆黒の美しさの中に漂う、有機的な文様が美しいのだ。こういう規模の展示会でないとなかなか実際に出会えません。手に取ってその魅力を感じとっていただきたく、候。

表にも裏にも紋様は施されて、森茶碗の特徴でもある、一切の妥協なく、こだわり、作品として完成させている。まぁ美しい茶碗だ、知れば知るほどに。

平形めし茶碗はそれに対する思い入れがとても強い、MWL STORE 一年一度のこの機会に。かつて、どんな厳しい時代も、白いご飯を食べることで乗り越えてきた日本人。お茶碗はとても大切な生きるための日々の道具。お茶碗を変えることで、始まる新しい「ジブン」を迎えに行こう。きっかけ一番。

Posted on 7月 30, 2021

Modernist

Posted in 開物成務

イギリス好きが遥昔からイギリスに学んでいること。最近じゃないB-O-A-Cの時代からね。

Litter bin by David Mellor England

Small Shops Modernist

Modernist なフォント
ほんとうにバーナード・リーチって人はすごい人です、デザインが。それを超える人はいないな。
湯町窯のあれですよ。
Watney Beer デザインが優れている。
イギリスの大学建築、オックスフォードやケンブリッジへの反発で街中にあるミッドセンチュリーの頃の大学建築にモダニストな優れたものは多い
これはイギリスの高架橋、いいデザイン、日本にも宗理が残したものに優れたものがある、もう景色と化してはいるが、親父さんの宗悦が残せなかったジャンルである、無論時代の違いがある。
いいね、街中でこういう風に一人でデザインとストーリーを売りたいな。規制大国日本じゃ自転車にも、街中でやるにもオーケーは出ない。変えなきゃね世の中を。
これを水素で走らせたいね、いいデザイン、色も横浜市バスって白に浅いブルーでいいんじゃないのって、思ったりします。こういうの見ると。思いっきりモダンにして、もっとも高架橋とかで日本の街中はどこも走れませんがね。ロンドンは不思議にどこでも走れるんだなぁ、席数が多い自動化された2階バスの生産性は高いですからねぇ。。。

Posted on 7月 29, 2021

とこなめ陶の森、陶芸研究所

Posted in アルチザンな人たち

今年も送っていただきました。研修生募集の募集要項、店頭に置いておりますので、必要な方、おっしゃってくださいね。私が何を言わんや、パンフに全て書かれています。未来の定山でてこいや!

勇太朗さん、一ツ松さんもいます。ここの卒業生。いい環境ですよ、間違いなくね。
四年出てからここへ行くというのがいいですね、この時代慌てても仕方ない、しっかりした基礎をつけましょう。人生中使える。

Posted on 7月 29, 2021

晴れたら湘南

Posted in THE 神奈川

葉山のコウダさんちへ。海から1分かかるかな、何を話すわけでもなく、世間話をしてきました。

葉山はいいなぁ、ここら辺りの中でも。

お約束の三浦のスイカ、三上農園さん、その情報知らなくて、畑の中で売っているのが魅力的で、前回買ったのが偶然三上さんち、だったのでした。まだ冷やしてる、甘いよーきっと。トマトもこれもプリップリ、野村先生のスープで使う。男ってね、どういうわけかスイカのひと玉買いに憧れる。ムフフ 

Posted on 7月 28, 2021

百年乃茶が紹介されます。

Posted in アルチザンな人たち

なんと、FMのJ-WAVE の番組「TDK VOICES FROM NIHONMONO 」中田英寿さんが日本全国を廻り、ご自身の目にかなう、本物、本者を紹介されている番組にて、関宿の伊勢茶の老舗・「かねき伊藤彦市商店」さんの店舗と、商品としての「百年乃茶」をご紹介されるようです。百年乃茶の茶畑にも足を運んでいただいたようです。

インターネットでは知り得ない。そこに行かなければわからない。”にほんもの”に出会う旅に誘います。が番組のテーマ。

放送局:J-WAVE (FM 81.3MHz)
番組名:TDK VOICES FROM NIHONMONO
番組サイト:https://www.j-wave.co.jp/original/nihonmono/
放送日時:8/1 日曜日 お昼12:00-12:54(番組前半で紹介されます)


「百年乃茶」をお取り扱いさせていただいております店として(神奈川・東京ではMWL STOREのみが常時展開店舗です)とても嬉しいお話でして、たくさんの人が本当に素晴らしい物語のあるお茶としての「百年乃茶」をお知りいただくきっかけになれば素敵なお話がまた繋がりますね。

以下は二年前に、私たちが訪問した時の百年乃茶の茶畑の写真です。

創業は慶応元年になります
2019年5月7日の新茶の季節でした。
とにかく、突然、現れる畑、周りの木々に守られている感が半端ない。
嗜好品としてのお茶が育つ環境としては素晴らしいところです。
この傾斜の茶園には伏流水から水が流れ、茶畑のすぐ横には川も流れていて、そこから発生する霧などが茶の葉にいい影響を与えているとも、光のさし方が美しい山間に。突如現れる茶畑の美しさ。
周りの木々としての青紅葉が大きくて美しく、森の中の物語が存在します。傾斜がすごいのですよ。

良い物語があるお茶のみ、を静かに、じっくりとお取り扱いさせていただいています。

美味しいお茶なら MWL STORE