Posted on 4月 12, 2021

中庸のプレミアム

Posted in Think.

車の話をしているが、実は誰にもわかりやすいように引用している、服と車好きで、服が先だが、そのマーケットの話。中庸のプレミアムのマーケットの「象徴」がモデルチェンジして世代交代し8世代目となる。その考え方はキープコンセプトだ。特にデザイン周りが、変わっていないように見えるのだが、実は大きく全てが変わっている。が、紛れもない、化石燃料時代の最後のゴルフになるのかも知れない、かも知れないのである。一様、業界は化石燃料全廃のロードマップを描いていて。それも言わばそんなに遠くない年代に。そして急速にその次の世代の開発を進めている。具体的には例えばVWではid3やid4のことだ。しかしながらその内容の技術は一見先端的には見えるが、本当に使えるのか?という不安がまだある、特に外出先の充電拠点とそれに要する時間のことがまだ技術的な途上にあり、イメージばかりが先行しすぎて、さも最終のように思えるが、まだまだ開発途上なのである。そういう意味で化石燃料車はその、ハイブリッドという技術で最終まで来ている。トヨタが先導した日本においては。VWのゴルフ8はそれに現実的なデジタルを加えた。EVはテスラのように高額化とその補償プランをセットにした背景ならなんとか維持はできるのかも知れないが、維持費がである。トヨタもEV化の先兵はレクサスのようで、プレミアムブランドでそれをする、中庸ではない。立て続けの新商品の開発をしていて、発表を待つばかりのようである。特にこの時代、去年から劇的に変わってしまったこの時代に、富むものはさらに富むのだが、ごく少数の人たちである。それ以外の普通の人たちが、極端な電気化や自動運転化や環境化のパーツを組み込みすぎることによって高額化し過ぎた車そのものを買い続けれるのか、と言えば微妙である。無理だろう。他にも必要なものがある。そういう意味でこのゴルフ8は小排気量化とマイルドハイブリッドの導入と先端的なデジタル技術を「それなり」に盛り込んでいて、自動化、燃費、環境配慮に対しての現実的な答えの到達点としていて。それが、”化石燃料時代の最後のゴルフ”ではないか、と私が言うゆえんである。ではないか?と言う理由は、去年からのコロナ禍があるからで、国や自治体が社会保障支出に疲弊して、本来それがなければ、官民あげてのEV化の拠点整備によるSDG’sの持続目標をもっと前面に押し出せる「予算」があった。それによって社会の活性豊かさのロードマップも。今はもうそれがない、出せない、廻せない、コロナ禍関連の社会補償に回さなければ社会そのものが動かない。国民は納得できない。これらの背景により、この車社会のEV化はコロナ禍による影響でスピードダウンを余儀なくされた。やめるわけでなく、まずはコロナ問題に集約する必要があるからだ。これを収束させなければ何も始まりはしない。

コロナ禍によって、マーケットはプレミアムなトレンドマーケットとニュートレンドのマーケットに分けられて、ほとんどがニュートレンドのマーケットに向かい始めている。もともとミッドトレンドマーケットにあり、そこで市場を確保できていたものさえ、ニュートレンドマーケットに降りて行こうとしている。これはとても危険なことである。ミッドトレンドマーケットの定義を「曖昧」として、船の舵をニュートレンドに切る、これは一見正しいようで、実は違う。それはそこに残れるブランドと残れないブランドがあり、自らそれを見極める必要があって、あまりの時代のスピードに自分を見失うことなかれということなのだ。ブランドの位置付けは冷静に判断すべきで、一度降りたものは2度とは上がれないのがブランドの価値であるから、エッセンシャルなマーケットとはレッドなオーシャンがさらにすでに大きく広がっているということであり、ミッドで生き残れるブランドは少ないが、確実に選ばれたブランドはあるし、実はブルーオーシャン化しつつあって、それは外の人にはわからない、自分たちだけにしか。「中庸のプレミアム」の定義を今一度見直す(変更でなく腹落ちさせる)時代なのだ。それとデジタル化は別物、デジタルはデジタルで進化させるのだが。デジタルが全てを癒してはくれないのだ。

日本でも間も無く走り始めるゴルフ8
何がどこが変わった?というようなデザインだが実に美しく細部を詰めている。
特に今回のフルチェンジは後方からが美しいようだ。
内装はそのインターフェイスをタッチ化、シフトレバーの定義すらやめた。車はデジタルで完全に外部と繋がっている。

STAY SAFE SOCIAL DISTANCE 2021 MWL

Posted on 4月 12, 2021

いよいよ明日から

Posted in Liberal Arts

予約必要です。かなり盛り上がっていますね。うちで鳥獣戯画の陶器をお買い求めいただくのも、20代、30代の方がとても多いのが特徴となっています。その方達がおっしゃるのは、やはり、とても可愛いいです、見たことないということ。このトーハクでの展示でさらにその理解が進むと思います。こういうのって他にはないですからね。

Posted on 4月 12, 2021

個展2展ご案内。

Posted in アルチザンな人たち

私どもで定期的に個展を開いていただいて。作品も常設で展示販売をさせていたただいております、常滑の清水小北條(孝幸)さんの個展と。そのお兄さんで芸術家であります・清水啓一郎さんの個展の案内が来ましたので、是非ご紹介をさせていただきます。

弟の孝幸さん。案内のカードからして素敵なギャラリー、箒星(ほうきぼし)さんです。とても素敵な構成となっています。今から楽しみですね。是非、訪れて見て下さい。
そしてお兄さんの啓一郎さんは日本橋三越で今週水曜からです。お兄さん、経歴がやばすぎます。ご夫婦で藝大、なんと一度MWLにお越しいただきました。

ご兄弟もさることながら、そのルーツたるお父さん「清水北條」さんは常滑の伝統工芸士です。脈々たるアートの流れがあります。素晴らしすぎて。。。

小北條さんのヒマラヤ急須の追加がGWに入荷してまいります。ジュンチヤバリのヒマラヤン・ブーケも追加入荷しました。是非、ご一緒に味わい下さいませ。ヒマラヤ急須はヒマラヤン・ブーケのイメージでお造りいただいているものです。いずれもMWLのオリジナルの作品です。

STAY SAFE SOCIAL DISTANCE 2021 MWL

Posted on 4月 11, 2021

横浜公園あたり

Posted in A) My City by The Bay YOKOHAMA

これからひと月が気持ち良い、横浜のおへそ。早朝に前の日のオンラインオーダーをみなと郵便局さんへ持ち込む。日課だ。この県庁とみなと郵便局が好き、ポストの消印はみなと郵便局がいい。横浜らしくて。

みなと郵便局から海を望
その反対横浜公園から横浜スタジアムを望
日本郵船のビルに次いで好きなビル、実に美しいね、惚れ惚れする外観だ。横浜の自慢だね、もっと使えるよ。
一階の角、みなと郵便局の向かいはカフェだったが、コロナの影響なのか?空きが出てる。いいビルなのに。

Posted on 4月 11, 2021

ジュンチヤバリ茶園、ネパールの高山茶、ヒマラヤン紅茶「Himalayan Black」の入荷

Posted in おいしい, アルチザンな人たち

Himalayan Black Leaf Tea 

本日から発売です!

朝からライトに飲める、ジュンチヤバリの紅茶を!ということで新商品。お呑みいただくことでファンが増えています。ジュンチヤバリのヒマラヤン紅茶。

この場所でしか出来ない味・香の表現。ジュンチヤバリ茶園は標高が1800-2000mと高く、また雨が少ないため非常にクオリティーの高い茶葉を育てることができます。紅茶の栽培にとって最高の条件にあるところで栽培しています。元から虫があまりこない高地、ヒマラヤ颪(おろし)の霧と風。自然は守られた環境。

この「ヒマラヤンブラック」は、ヒマラヤンインペリアルブラックをグレーディングしたお茶です。
グレーディングで篩にかける時に小さな新芽の部分が多く落ちるため、
見た目にも非常に美しいお茶になっています。
封を開けたときにはチョコレートのような香りが一瞬たちます。
 
グレードは、ヒマラヤンインペリアルブラックをさらにグレーディングした細かい茶葉ありで、その等級がTGBOP(Tippy Golden Broken Orange Pekoe)となっておりますが、この「ヒマラヤンブラック」はTGBOPより上のグレードです。
茶葉は細い状態ですので浸出時間が早く、水色、香味ともに強く、最も需要の多いグレードです。ヒマラヤンインペリアルブラックよりもライトに飲むことができ、価格も下がりお求めやすくもなっています。30g  ¥1,188-  3gで300cc だとすると2杯のティーカップ、つまり家でなら一杯あた59円でとても上質なヒマラヤン紅茶が飲むことができるとは、費用対効果は高い。
 
 
摘採時期は秋です。
 
蒸らし時間は、インペリアルブラックより短めで十分かと思います。(詳細は販売時にもお渡しいたします。)

 

美味しい紅茶をお召し上がり下さいませ。
小さな新芽が多く含まれていて、美しいお茶に仕上がっていますね。

MWL STOREには紅茶インストラクターもしくは日本茶インストラクターの資格を持つスタッフが常時店頭にいる店舗ですので、お茶の総合的なアドバイスが、感覚だけではなくて、論理的にお話をすることもできます。是非お聞きになって下さいね。総合としての「茶」は深いですからね。美味しいお茶はMWL STOREから。

Posted on 4月 11, 2021

ムッシュの朝

Posted in ムッシュの朝定, 私が選ぶスタンダード

おはようございます。本日はライトに、ヤタロウ’ズに昨日入荷したばかりのヒマラヤ紅茶・ジュンチヤバリ農園の新しい紅茶「Himalayan Black」を詳細は後ほどにアップします。朝にライトに美味しいヒマラヤンです。スプーンはコモンのティースプーンとグラノーラスプーン、ジョン・リーチ(バーナードの孫)のティーポットで。C&Sは参考品。レフティー。