Posted on 8月 28, 2019

Tea for Peace 5

Posted in Liberal Arts

https://www.tea-for-peace.com 「秋のTea for Peace お茶で世界に平和を」に参加出展させていただきます。青山国連大学の施設催事のとても若い世代たちが一生懸命に運営をする、全国でも例を見ない、レベルの高いお茶関連の催事です。是非、大人タチがご来場ください。若い努力を応援しましょう!

Made with Love Store YOKOHAMA

Posted on 8月 27, 2019

麻布十番から浅草

Posted in Liberal Arts
用事があり麻布十番へ。終わったから、十番と言えば、地ざかなを備長炭で炭火焼の「たき下」さんで焼き魚ランチ、日本のお昼・こういうのをいただくと日本人の心の豊かさを感じます。1300円ほどの贅沢と言える。だからわざわざ行きます。そんなお店さんで学びます、他にないから、美味しいからみんなくる。
十番と言えば豆源、いっぱい買ってしまった。
浅草に用事があり移動、なら、浅草寺さんにお参りして行こうと。
そして浅草に来たならここと
今年の夏、最後かな
人形焼は色々あれど、私は亀屋さん、皮が薄くてしっかりと美味しいから、以前教えていただいた地元の人のおすすめだ。「人形焼?なら亀屋よ」とのことでした。

「じゅん散歩」のような一日も終了。

Posted on 8月 26, 2019

GNJ③

Posted in Liberal Arts
鹿児島市内からさらに車で一時間の南九州市の山中。みなみ〜
マルヤガーデンズで十年を振り返る催事、二年目のゲストはエゴラッピン!
鹿児島のジモトの食にたずさわる若いメンバーたちが揃って前夜祭の食の準備。
三十年、四十年後の鹿児島を担う世代、Next Gen
おしゃれな人が多く参加します。今年は市内の花火大会とぶつかり、しかも雨模様が続く中によくぞお越しいただきました。
初期の頃から一緒に、マガーレット・ハウエルMHLさん
ドアーズさん特に最近素晴らしく、目を見はるものがあります。
DDさん
これはマルヤガーデンズ店のスタバさん、イベントのポップをレジ横に掲示、これは珍しいですね。デザインを問うスタバにとって。デザインとは店の全てを指して、品質、価格、表現、接客、内装、空間、そしてそれらすべてのマッチングとグラフィックデザイン。それらすべてが出来たら成功ブランドになれます。一つ二つ具現できているところは多いですが、すべてとなるとありません。でもそれらすべてが整って初めてそのステージに立てる。
各ブースにスタバさんから、新しい味ですと、配布がありました、それも全員分、すごいな、スタバさんは物販でなく、ワークショップと試飲の配布をされてました。いろんな意味で意識が高いです、それもこれも販売に基づく余裕が成せるコト。
大御所はさすがです。
子供達が作った木工用品を子供達が自分で値付けして、自分たちで販売して、利益を分配するという仕組みが始まりました。
きょんきょんのブックリーディング、かなりの回数をされてました。
え〜落語もありまして
グリーンレーベルは奄美の藍染のワークショップ、大人気。
オフィシャルTはグリーンレーベルが担当。
ありがとう鹿児島のみなさま

Posted on 8月 26, 2019

GNJ②

Posted in Liberal Arts
前夜祭、演奏している、DJ、楽器、歌、ブレイクダンスなどすべてがこの会場を設営したり、料理したり、運営するスタッフから成り立っています。レベルが高い。楽しみは自分達で作り出す、しかも手作りで。鹿児島はネキスト・ジェン達の意識がとても高く多能に渡る都市であります。
サイレント・ポエツ 真剣に演奏を重ねていました。それぐらい楽しみにしていたのでしょうね。雰囲気に音がバッチリで最終演者にふさわしい内容でした。一番右端にいるのが、このGNJの主催者でありミュージシャンでもあるダブルフェイマスの坂口修一郎さん、トランペット。会場運営のすべてが彼のディレクションの下に構成されています。1人の目が通っているから、価値がバラバラじゃないのです。そういうのあまりないのです。みんながでしゃばりすぎない。その高い意識を汲んだ地元の若い人たちが手足になり、何も言わずとも坂口流、BAGN流、鹿児島流になりました、それが10年という歳月、これからも楽しみですね。

Posted on 8月 24, 2019

GNJ 十周年

Posted in Liberal Arts
一口に10年と言っても、よくここまで来たものです、地元愛の若者達の成し遂げた成果です。素晴らしい❗️
前夜祭、これがいつもいい!愛に溢れていて鹿児島。

Posted on 8月 22, 2019

ダルメインのマーマレード 味の追加

Posted in ジャムおじさんのジャム日記
日本に入ってきているフルラインが揃いました。ジャム好きの私を魅了し続ける、本物の中の本物の味、ダルメイン。横浜では今のところMWLでだけ取り扱い。ラベルの上品な佇まい。
左・りんごとグレープフルーツとレモンのマーマレードにお酒のブランデーを加えています。なんと、ブランデーを加えるとこんなに深みが出るのですね、味わったことのない美味しさ、美味しいを知るダルメインならではの追求したもの作りはさすがです。右・マルメロとレモンのマーマレード。マルメロとは西洋カリンの一種のこと、カリンですので独特のカリカリとした食感があり、またジャムのような美しいレッドが特徴、ダルメインマーマレード五つの中でも一番甘みが強くなっています。
マルメロ はバラ科マルメロ属の1種である落葉高木。マルメロ属はマルメロのみの1属1種である。 ポルトガル語本来ではマルメロは果実の名で、樹はマルメレイロ という。英語名はクインス 別名「セイヨウカリン」。栽培が盛んな長野県諏訪市など一部の地域では「カリン」と呼ばれる。また、「木瓜」の字を当てられることもある。ウィキより。

Posted on 8月 19, 2019

Mary McCartney ②

Posted in Made With Love, ジャムおじさんのジャム日記

さらに次の日アスパラが残ったので、オーブントースターでやってみる、前のはパイ生地をオーブンでしっかり焼いたものでしたが、もっと簡単にと考え食パンで実践した。下ごしらえとして下に敷いたブリッツのスモークチキンとアスパラはオリーブオイルでソテーして、特にアスパラは細いと言えどしっかり火を通した方が、また茹でを使うよりもソテーした方が野菜の旨味が残るように感じました。火をしっかり通すということですね、強火じゃなく弱火で通す、残る色が綺麗だから、そしてブレッドはユニオンさんで売っている紀ノ国屋イングリッシュブレッド、これでなくてはならない。2分半ほど先にトーストして軽く火を入れる、そして具を載せて本焼き、この本焼きの時はアルミホイルを下に敷いた方がパンそのものが焼けすぎなくて良い、まぁ好みです。手間がかかっているように見えますがリズムでやっちゃうと別にそんな大したことじゃない、美味しさに近道はありません。ピザトーストのように見えますが、違う、下ごしらえしている分、旨味がしっかりと乗っていて芳醇ですよ。

アスパラはミニアスパラガス、夏はアスパラだね。オリーブオイルを少々。