“THE PEAK LOUNGE”

休みを利用して新宿パークハイアット東京のピークラウンジに行ってきました。さすがに副都心41階の夕暮れの景色ともなると素敵ですね。慌ただしい日常からの乖離です。
マンハッタンと見紛うばかりです。ティーファーム井ノ倉さんのお茶がメニューにあり、サーブされていますので体験するためにも来ました。ゆっくりゆったりな気分にさせていただきました。
サーブするコトがあってモノが生きてくるという時間、大切にしたいものです。
勉強になりました。

PHOTOS:MWL STORE

2冊

マーマーマガジンの装丁が新しくなり、内容量も増えて、服部みれいさんの視点はいつも面白いのであります。

与謝野晶子などのそうそうたる文化人が設立に名を連ねた、御茶ノ水の文化学院、有名な文化学園とは異なります。
文化学院に1年半ほど在籍していた高峰さん、女優業で人気が出て忙しくなりすぎて、学校に行けなくなってしまったようですが、この当時に文化学院に行こうと思うことがそもそも、人と違っていたのかも知れません、それが故にこういうものが書けていたのかもしれません。生きた時代が異なりますので想像し、追っかけて調べるしかないのですが、ある時その存在を知り、高峰さんの魅力に興味を持ちました。すでにこの本に書かれているものは無かったりもするのですが、モノを見る視点に製品の中にある本質を射抜いているように私は思ってしまうのです。その視点は今も変わらないようにも、対象が変わっているだけなのだとも。
100年に一人の人っていると思うのです、過去100年遡って、この人という、当然多くはないけれど、高峰さんがどんなジャンルに入るのかはわからないですが、女優もされ、こういう視点も持たれていたというところにその根拠があると思うのですが、どうでしょうか。