プロユースのアルミ鍋

IHは対応しておりません、ガスの対応になります。
本来アルミの鍋などは、雪平の打ち出し鍋に代表されるように素材はアルミが基本になっています。京都はどの料亭行っても料理人は使っています。その素材としてのアルミは日本の料理の歴史を作ってきました。北陸の創業80年を超える老舗アルミメーカが作っています。品質を自慢できる日本製であります。アルミは空気に触れると表面に薄い酸化被膜を作り、アルミの表面を保護し腐食を防ぐ働きをします。さらにこの被膜を人工的に厚くしたものがアルマイト(陽極酸化被膜)といいます。プロが日々使う理由がそこにあります。そして素材が軽い、1日に何回も上げ下ろしをするのに軽さはとても重要な要素です。プロの腕が腱鞘炎になりにくい? 軽くて強い、それがプロが長年選んでいる理由です。ただしアルミですから金属同士のぶつかり合いでは傷になります。しかし本製品に関していえばそれも使い続ける味と捉えることができます。どんどん料理して使っていただきたい製品。パスタを茹でるに最適な18センチ鍋、深いので2〜3人前のパスタは茹でれます。熱伝導もいいので早く調理ができます。そこもプロが使う理由。カレーにも最適、シチュー、豆を茹でる、角煮を作るのも、18センチですからキッチン収納にも比較的入りやすいサイズと言えます。これぐらいの大きさがちょうどいい。カウンターに出していてもそんなにじゃまな存在でもありません。なにせカッコいいですからね。持ち手もダブルで使い良いです。選んだ理由はやはり三要素です、品質、デザイン、価格の相対的なバランスにとても優れています、そして日本で作っていることですね。色は写真では黒っぽく見えますが、実際、ガンメタリック・グレーというのが正しいでしょうね。取っ手などはアルミシルバーです。俄然、料理が楽しくなります。
家で使うのが基本ですが、キャンプに行くときに、この軽さは重宝します、駐車場から火が使える現場までが近いキャンプ場ってレアですからね、フライパンと鍋二つももちゃあ、鉄鍋だと効きますよ両手に、それがこの軽さですから、大丈夫。

ガンメタルにシルバーの取っ手。

リッターのメモリも表示されていて。
鍋本体のみの直径18センチ、鍋本体のみの深さ17センチ、取っ手を含んだ幅が27センチ

デザイン性が高い製品でありながら品質や使い勝手に長けています。これをバランスが良いと定義します。

これは15センチ鍋
鍋本体のみの直径15センチ、鍋本体のみの深さ9センチ、取っ手を含んだ長さが31.5センチ かっこいい蓋は価格に含まれています。

これは18センチ鍋、取っ手が両サイドにダブルになります。
業務用鍋の機能に、家庭用鍋に求められる手軽さ、その両方を持ち合わせている珍しい製品と言えます。お薦めのポイントですね。
鍋本体のみの直径18センチ、鍋本体のみの深さ10センチ、取っ手を含んだ長さが41.5センチ なんと蓋も価格の一部でございます。

15センチの鍋との違いに取っ手が両サイドにあるという配慮がなされています。持ち易く、鍋の移動に便利。
但し、鍋は取っ手を含めて熱くなってますから、鍋掴み手袋などで対応することが必要です。

軽くて熱が素早く伝わるアルミは、時短料理を可能にします、プロの料理人も選ぶ素材です。
立山連峰の水力発電で富山県高岡のアルミ産業が栄えてきました、環境に優しく無理のない水力発電。
そしてアルミは完全にリサイクル可能です。これらの鍋は100%アルミです。循環型消費が出来ます、古くなった鍋は何十年経っても、またその時代の鍋にリサイクル出来ます。製造工程のトレーサビリティと製品のリサイクルをあたり前に行っている。デザインが良く、品質が高く、良価で、そして製造に対する工程意識の高いカンパニーの製品を見つけだし紹介してまいりたいものですね。

最後に、この製品を企画しアルミ鍋のメーカーさんに製造を依頼されているのは。

ETOETOTEATO(エトエトテアト)さん
富山県高岡市で、地場のものを全国に広めようと始まったブランドで、主に企画やデザインを手がけ、木工製品、和紙カードなどを地元の職人と共につくっている。暮らしに小さな楽しみを与えたい、と敢えて抜けた感じのデザインを施す工夫もされているという。(2014ててて見本市紹介文より引用)

Folk Art by Hand
Made With Love Store

麗(うら)らか

井ノ倉さんの「麗らか」店頭にある在庫を持って、今シーズンの在庫終了とご連絡あり。次回入荷は新茶以降の来年度版(四月以降ということで)の入荷を待つことになります。五月下旬ぐらいになりますかね…自然と生きるワンオリジンだからこそ。来年度はどんな味なのでしょうか。井ノ倉さんの畑、行ってみるとブランドごとに管理されていたのですね、感動でした。ここであの旨さは育まれているのかと。微妙な違いが味に出る毎日の管理。地形や気候の自然が味になる、優れたティーファーム井ノ倉のお茶