最近の三冊

生まれは開港記念館のあたり、 日本大通りのあのレンガの時計塔の辺りという、生粋の横浜人。茶を商いとする人間がしかも横浜でこの人の内容を知らずしては、、、という気持ちで読む。東京藝大設立に大きな貢献のあった人物と言われている。

京都の中華の特殊性、京都で食べるべきは中華なり。かなりオモロイ本です。

イサム ノグチ

最も好きな芸術家としてランクされます。
初台のオペラシティで24日までとのこと、慌てて行って来ました。
最晩年の作品であるモエレ沼公園やブラック・マントラのイサムの中でのそれまでとの繋がりが彼の生涯全体の俯瞰の中でなんとなく感じることができました。とてもいいものでした。
(撮影許可が出ているもののみを撮影)

和魂洋才

和魂洋才(わこんようさい)
日本古来の精神を大切にしつつ、西洋からの優れた学問、知識、技術などを摂取・活用し、両者を調和・発展させて行くこと。

たくさんの西洋との往来の中で得た知見・見聞を、モノと様式でお見せして行きたいのが私どものスタイルです。
日本のものだけでも、西洋のものばかりでもだめなのです。それは両方を深く知ることでしか生まれてはこない表現の様式です。
MWL STOREは「和魂洋才」横浜に相応しい、神戸に相応しい考え方だと思っています。