アヒージョ・パン

アヒージョ作りました。今日は、ササミ、えび、ブラウンマッシュルーム、アスパラガスで。
これがやっぱり簡単で、とても美味しいのです。特にササミがうまくて、うまくなると言うか。
このアヒージョ・パンの効果は絶大なり、コスパに優れた逸品でございます。
このオリーブオイルついたのを熱いご飯にのせて食べても美味いんですよ、もちろんバゲット
にもね、おかずにもいい、酒も。
伊賀の長谷園。うちはこのアヒージョ・パンしかやりませんので。

アストンマーティン

世界最大のアストンショールームらしいです。
イギリス以外では世界初のブランドセンターを併設し、アストンの日本マーケットへの意気込みがうかがい知れます。
いつも昼に行く蕎麦屋の斜め向かいの青山通り、青一ですが。反対車線から見ていて、なんか素敵ないいお店が出来るよね、服屋?でも2階になんか車入れてるよ、何屋?って言っていたら。。。
あまりに建物がかっこいいので今日、前まで確認に行ったら、な、なんとアストンのショールームしかも青山通り沿いには服とかバッグとかのアストンブランドがあって、2階には古いボンドカーがディスプレイされていて、余裕。
その後ろのビルに控えるショールームには沢山の現状アストンが、ありました。
明日オープンです。DB11がいいです。
この辺りはスーパーカーのショールームばかり、テスラ、フェラーリ、ランボルギーニ、そして真打アストンマーティン。青一すごい。

下、DB11

短冊変えました。

和的催事としての年内最後のクリエイティブかなぁ、短冊変えました。
うちはまぁこんなところで、粛々といきます。
青き空 青き海にも 冬来たる

ほぼ日・生活の楽しみ展

今日のお昼です、知り合いが出展されているという事できました、六本木ヒルズアリーナ。いやはや凄い人出、人、人、人、レジを終えるのにどれだけ待つのでしょうか、大変です。

ヒルズもかなりの人出でした、自分がいることの違和感を感じてしまいました。うちのクリスマスは、装飾の用意はもう随分と前に仕込み済みですが。装飾はさすがに12月からでしょうという個人的な思いで12月からにします。
ま、ちょこっとですけどね。

お休みのお知らせ。

いつもありがとうございます。
お休みのお知らせです。

11月30日(木)から12月3日(日)まで臨時休業とさせていただきます。
12月7日(木)からは通常通りの木〜日まで12時〜19時の営業時間となります。
MWL STOREは「木曜日〜日曜日の12時から19時まで」を通常営業とさせていただいております。
どうぞよろしくお願いいたします。

MWL STORE 店主敬白

ジンの時代

THE BOTANIST
本日の会場でめっけたのがこれ、アイラ島にやられている私には、もう、、、
なんとアイラ島で採れた22のボタニカルを使っているという。
アイラ島にジンは無かった。
ジンはストレートで飲む時代に。
なんと美しいボトルデザインなんだ。

PHOTOS: MWL STORE、レミー・コアントロウ ジャパンより引用

BRIDGE STREET MARKET SW1 / 表参道

今日、ロンドンのマーケットの精神を表参道でと言う、ブリッジストリートマーケットに友人が出展していまして、行ってきました。それぞれは小さなブースではあるものの、パンチの効いた出展されていて、日本に住んでらっしゃる英国の方々もとてもたくさん来場されていて、和やかな雰囲気で、バンドも入って、アストンマーティンを真ん中に置いて、ブリットなマーケットでおもしろかったですよ、残念ながら今日だけです。アイラ島のジンが出ていて、かなり珍しいので買ってしまいました。きっとうまいのでしょう、ジンが流行っております、美味しいものね。また来年。

ステイシーさんのスコーンやケーキ、パンも並んで、当然買いました。

場所はキャットストリートの一本裏、青山通り側の通り、下はフローレントさん、まだこの辺りに人が来ていない頃からあります、いつも素敵なセレクトとオリジナル。メインの通りから一本裏ってのがいいですね。ひっそりと。

歩いているとこういう素敵な個店がパラパラとあって街の魅力になっていますね。リセンヌ通りも一本裏の通り、多様性がでてくれればいいですね、お客さまは回遊されておられますので、、、じっくりと作りあげて行くって感じですね。なにせ石川町の駅前通りです、歴史ありますから。。。

ラブ・リセンヌ通り、ラブ・石川町
MWL STORE

 

 

サザンフィールドインダストリーズ

日本人ならではの繊細さが前面にくるサザンフィールドインダストリーズのバッグ。バッグは手に取って詳細を確認して、説明を受けて、ご購入いただきたい製品です。
FACE TO FACE を口伝で、アフターサービスも承ります。
作り手の丁寧を、丁寧に説明させていただいています。
小さな店だから出来ることを粛々と。
新しい時代の作り手の製品を知っていただきたいのです。
いつもそれを視点に、探し続け、
新しい時代の価値、見続けてまいります。
お客さまのお声にお教えいただくことは無数にあります、本当に。

PHOTOS:SOUTHERN FIELD INDUSTRIES

開物成務 MWL STORE

カフェオレ色の「マロン」

とにかくこの「マロン」はかわいい、よくぞこの形に目をつけたものです。
アンシャンテ・ジャポンがプロデュースする南部鉄器。
色の選びが際立ってセンスいいです、お洋服でもそうですが、今や色が一番の決定要因です。
必ず店頭で手にとって見て、ご確認ください、そのかわいさを。

「南部鉄器」は、約400年の歴史を誇る、岩手・盛岡の伝統工芸品です。長く親しまれ、愛され続けてきたこの鉄器は、保温性に優れ、陶器や磁器に比べて格段に割れにくいという特長はもちろん、鋳肌独特の質感、風合いから生まれる、温かみと、心安らぐ美しさを持っています。他の素材では表現できない日本の「侘び・寂び」といった情緒があります。

両手のひらにすっぽり納まるかわいいサイズのポットです。小さいながらもカップ約2杯分のお茶が入ります。他のタイプのポットとは使用する塗料が異なり、マットで落ち着いた肌が魅力。 パンやビスケット生地のような かわいい風合いのカフェオレ色のマロンです。(敷きものは別売りになります。)

○ 南部鉄器カラーポットは、ティーポット(急須)の為、
ポット内側と蓋の裏側に、錆び止め用のホーロー加工を施しています。
直火にはかけられませんので、ご注意ください。