お茶の時間にしましょうか。

アンドプレミアム4月の特集はお茶、日本茶、紅茶、中国茶などの特集です。

このような鉄瓶でしっかりと湯を沸かして鉄分を抽出して。

さらに情緒的なポットや急須に入れて、湯の温度を下げたりして、一番美味しく飲めるそれぞれの適温で「茶」を飲むわけです。それは情緒です。「茶」は、そしていろんな効能もあります、お茶は体に良いです、心に良いです。まだこんなに寒いですが、後2ヶ月もすれば「新茶」の季節になるのですから、楽しみな「春」です。
鉄瓶、急須、そしてフランス紅茶に伊勢、出雲、月ヶ瀬の日本茶、美味しいお茶を厳選しています。このお店にこのお茶がある必然性、選ばれし産地のものをさらに選んでいます。美味しいお茶は飲めば感動します、飲んだ後もスッキリと気持ちいいのがお茶の特徴、さぁ美味しいお茶でリラックスしましょうか。お茶は丁寧に淹れれば淹れるほど美味しくなります。

ジャーズ

クリス・デイヴ もともとヒップホップのドラマーですよ。やばいテクニックです、時代はこういうイノベーターが変えていく。音楽っていいなぁ。最近ずっと聴いてますが、かっこ良すぎて。古いジャズばかり聴いていてもダメですね。ま、マイルスやロリンズ、コルトレーンは同様にその時代のイノベーターだったわけですからね。。。

 

 

 

白い器とモダニズム②

国造焼が再び入荷しました。
民藝の聖地、それは紛れもなく鳥取県だと私は思う。今や既に伝説と言っていい「たくみ工芸店」の始まりがあり、鳥取民藝美術館があり吉田璋也を輩出したからです。
ここでそれを紐解くことはしませんが。それは間違いのない歴史であります。
今の時代何を持って「民藝」とするかには諸説あるだろうと思います、基本は人が手でその地で言い伝えられているものを現在に使いやすく、作りやすく、本質的に創作するということだと思います。鳥取から島根の山陰の海っぺり、今雪で大変なエリアには。焼き物で日本の魂に触れるようないいものが多い。不思議なくらい集中している、やはりお互いに影響しあっていることもあるのだろう。
そんな中でこの「国造焼」こくぞうやきであります、ここでもその歴史を紐解くことはしませんが、鳥取の倉吉市で作られています。私はこれらの作品群は今の民藝の中心にあるものだと思っています。土の感じ、釉薬の感じ、意匠、何よりも使い勝手、現在のライフスタイルに合っているか、そして大事な耐久性。これらの全てが全うされているのがこの「国造焼」だと思うのです。