Posted on 8月 26, 2019

GNJ③

Posted in Liberal Arts
鹿児島市内からさらに車で一時間の南九州市の山中。みなみ〜
マルヤガーデンズで十年を振り返る催事、二年目のゲストはエゴラッピン!
鹿児島のジモトの食にたずさわる若いメンバーたちが揃って前夜祭の食の準備。
三十年、四十年後の鹿児島を担う世代、Next Gen
おしゃれな人が多く参加します。今年は市内の花火大会とぶつかり、しかも雨模様が続く中によくぞお越しいただきました。
初期の頃から一緒に、マガーレット・ハウエルMHLさん
ドアーズさん特に最近素晴らしく、目を見はるものがあります。
DDさん
これはマルヤガーデンズ店のスタバさん、イベントのポップをレジ横に掲示、これは珍しいですね。デザインを問うスタバにとって。デザインとは店の全てを指して、品質、価格、表現、接客、内装、空間、そしてそれらすべてのマッチングとグラフィックデザイン。それらすべてが出来たら成功ブランドになれます。一つ二つ具現できているところは多いですが、すべてとなるとありません。でもそれらすべてが整って初めてそのステージに立てる。
各ブースにスタバさんから、新しい味ですと、配布がありました、それも全員分、すごいな、スタバさんは物販でなく、ワークショップと試飲の配布をされてました。いろんな意味で意識が高いです、それもこれも販売に基づく余裕が成せるコト。
大御所はさすがです。
子供達が作った木工用品を子供達が自分で値付けして、自分たちで販売して、利益を分配するという仕組みが始まりました。
きょんきょんのブックリーディング、かなりの回数をされてました。
え〜落語もありまして
グリーンレーベルは奄美の藍染のワークショップ、大人気。
オフィシャルTはグリーンレーベルが担当。
ありがとう鹿児島のみなさま

Posted on 8月 26, 2019

GNJ②

Posted in Liberal Arts
前夜祭、演奏している、DJ、楽器、歌、ブレイクダンスなどすべてがこの会場を設営したり、料理したり、運営するスタッフから成り立っています。レベルが高い。楽しみは自分達で作り出す、しかも手作りで。鹿児島はネキスト・ジェン達の意識がとても高く多能に渡る都市であります。
サイレント・ポエツ 真剣に演奏を重ねていました。それぐらい楽しみにしていたのでしょうね。雰囲気に音がバッチリで最終演者にふさわしい内容でした。一番右端にいるのが、このGNJの主催者でありミュージシャンでもあるダブルフェイマスの坂口修一郎さん、トランペット。会場運営のすべてが彼のディレクションの下に構成されています。1人の目が通っているから、価値がバラバラじゃないのです。そういうのあまりないのです。みんながでしゃばりすぎない。その高い意識を汲んだ地元の若い人たちが手足になり、何も言わずとも坂口流、BAGN流、鹿児島流になりました、それが10年という歳月、これからも楽しみですね。