Posted on 12月 07, 2019

OVJECT

Posted in お取り扱い商品

OVJECTのドリップケトル。自分には好きなデザインのディテールというのが存在していまして。ホーローの美しいポットがないものかとずっと探しておりました。ソニーのワイヤレスのヘッドホンを使っているのですが、この耳にあてる部分の斜めに富士山のようになっている部分が美しいなと、スラントした角度とかですね、常日頃思っていたのでしょう自分がありました。そうこうするうちにこのケトルに遭遇しまして、国産です。しばらく一年くらいでしょうか見ていました、あまたあるホーローのケトルを見ながらも、いいなと。美しいケトルが欲しかったのです。下の部分が膨れていて、上にかけて上がってきた富士山のような蓋にかけての部分は好きなデザインに合調するディテールです。本来コーヒー用のドリップケトルとして開発されてますが、お茶・紅茶の湯沸かし用にも適しているわけです。両使いができてさらに良いなと。ガスとIH熱源対応ですが、取手が熱くなります、鍋つかみ用のグローブをお使いください。ケトルは満水で1.7Lですが8分目ぐらいの1.3Lぐらいで使うのが適正です。価格も7千円(税別)という中庸な価格。このケトルでキッチンが美しくなるデザインと言えるでしょう。色も他に黒とブルーがありましたが、この美しい白とグレーを選びました。北欧を想起させる日本のデザインですね。本日入荷です。

Posted on 12月 07, 2019

Drake’s

Posted in Liberal Arts

ドレイクスと読みます。設立から今までネクタイとシャツを作り続ける、今や英国に残る希少なファクトリーブランドです。現在ではアウターからジャケット、パンツまでフルラインナップのブランドです。BRITISH MADE ドレイクス

 

イラストレーターの反町さんを起用したルックブックが素敵ですね。スーツがとても似合う方です。
日本の民藝ショップのルーツ、鳥取の「たくみ」さん銀座店です。民藝はここからです。
いい色合いです。
スーツがよくお似合いです。

Posted on 12月 07, 2019

渋谷PARCO

Posted in Liberal Arts

そして渋谷エリアの真打の登場。やはりパルコですよ、本当にすごいな、もうほんと。シャンゼリゼのギャラリーラファイエットとかニューヨークのハドソンベイ、ロンドンのコールドロップスヤード(CDY)などの先端な商業施設を見てきてますが、渋谷パルコが圧倒しましたね。やっぱり東京すごい。そのコンテンツの豊かさと人を集める力と、新しさ、文化発信性、ファッション、食、シネマ、全てが最先端でした。さすがなパルコです。あのパルコが輝いていた時代が再びです。これはパルコにしか、渋谷にしか出来ません。3階4階のファッションの集積は素晴らしいものがあります。東京のスピードに吹き飛ばされそうになるぐらい、街が競い、ブランドが競い合っている。

公園通りの真打が復活の狼煙。
これは嬉しい配置、WAVEをビルの角に配置しました。すごいなよくやりました。社長の思いのぶっ込みですかねぇ。また時代進化しているから面白い。
公園通りに燦然と輝くPARCOマーク
ディスクユニオンのレコード店、ユニオンレコード、まだコンパクトディスクすら無かった時代はディスクユニオンはユニオンレコードって言ってました。そしてアナログレコードが再度復活しているこの時代にユニオンレコードとして復活、洒落ですよ洒落。いいですね。でもちゃんとビジネスする計算が働いている。
いい壁面
入りたかったけど今日は時間なくて入れませんでした。クアトロですよ!
クアトロラボは、クラブクアトロがプロデュースするミュージックカフェ&バーです。店の顔となるハンドメイドの大型スピーカーと、
5,000枚を超えるアナログレコード・CDのコレクションに囲まれた空間で、音楽と飲食をお楽しみいただけます。昼はカジュアルなカフェ、夜はこだわりのミュージックバーとして、アナログレコードのあたたかい響きに包まれながら、ゆったりとお寛ぎください。
とのこと素晴らしい。
いいキャッチのポスターです。シンプルでいいです。
サブカル感満載です。
ここに入っている飲食はかなり厳選されております。なんせ渋谷パルコなんで。
なんかいいでしょ?
これうまそーだったな。
私のご贔屓、「たかお」さんがなんとなんとパルコにしかも渋谷、いい目利きですパルコさん、他の飲食のリアルでレベル高い、つまり中庸のプレミアムな集積が感じ取れますね。
これまた普通に美味しそうですね、ギラギラしすぎてなくて。
デジタルな売り場はお約束です。
私の好きなサタディズ
駐車場じゃございません、パルコの昔からの色でマーク。
西部流通グループといえば昔はこの左の方でした。今日は見れずまた来ます。
公園通りの入り口すぐに。
アッシュペーさんのセンス、本当素敵、東京って感じがする。日本にアッシュペーあり。