Dalemainの特別なマーマレード

魔法の庭 ダルメイン

イギリス湖水地方で12代続く屋敷「ダルメイン」の庭が注目の的だ。歴史的な庭に対する最高の賞を受けた。庭造りを代々受継ぐ屋敷の女性たち、12代目の妻ジェーン・ヘーゼル・マコッシュさんは自然の力を生かし独特の庭を作る。鳥と「合作」の青と黄の花園。鳥が種を運んだ青いワスレナグサの隣に黄色いスミレを植えた。150年続く品種のリンゴ、ハリネズミが守る美しい葉のギボウシ。春から夏へ暦をめくり庭の魔法。

BRITISH COLLECTORS MARKETに持って行きます、マーマレード。

セビルオレンジ・レモン・グレープフルーツ
容量/340g   ¥1,600-(税別)

Great Taste 2017 、2つ星を獲得。今なお昔ながらの作り方でマーマレードを作り続けています。ダルメインのマーマレード。
ダルメイン城主のジェーンさんの名前がついています。
オレンジの厚切りのピールの苦みとグレープフルーツ・レモンの爽やかさを取り入れた大人の風味。
マーマレードといったらこれ!という期待を裏切らない、スタンダードな風味。
パンやスコーンにはもちろん、紅茶、カクテル・サワーなどにも合う万能なマーマレード。

MADE WITH LOVE MWL STORE

Uncle J / 2

Tiptreeの特別なリトル・スカーレット。

紅茶が大好きだから、ビスケットやスコーン、マフィンというイギリスからの粉物とジャムには当然、深く入ることになりました。棚にはいつか食べようとしているジャムが並んでいます。だから最近いただきました、このティプトリーの「LITTLE SCARLET」はとても!嬉しかったのです。ありがとうございます。エセックス州の小さな村の名前がついたテイプトリーのジャム、会社はウィルキン&サンズと言います。

僕のジャムのストックからの一部、いいの見つければついつい手が出てしまうから、、、

ジャムと言えばイギリス。ティプトリーはロンドンなどのグロサリーストアに行けばだいたいどこにでもあるが、一般のジャムと並んでもいますが実は王室御用達であり、イギリスの人が美味しいと認めるジャムであります。以前、WPの記事にもなった。

そのティプトリーのジャムの中でも特別なのがこの「リトル・スカーレット」創業者のウィルキンさんが100年以上も前にアメリカを訪れた時に見つけた野生のイチゴで、このイチゴが素晴らしいジャムになると見抜いてウィルキンさんがイギリスに持ち帰ったのだが、元をただせばアメリカのイチゴだった。その名の通り真っ赤で小さなイチゴ、小さいからジャムにするにはたくさんの量を手摘みで行われなければならず、人も時間も労力もいる、しかも収穫の時期は通常のイチゴに比べて短く3週間という。それを過ぎると熟しすぎてしまうようだ、当然、たくさんは収穫できない。そういうストーリーのある製品は大好きですから私、だから実はいつも品薄なのだ、でも知っている人は知っている、見つければ買っておくべきティプトリーの中のティプトリーと言えるジャムなのであります。今なら横浜駅ルミネの成城さんに並んでます。電車の駅も止まらないような小さな村から生まれる世界への輸出品、ジャムとスコーンはイギリス人にとって特別な存在、僕にもね。MADE IN ENGLAND

Uncle J / 1